三之公~山ノ神の頭~馬の鞍峰 2012.10.24

 2012-10-24
以前 hawksさんが馬の鞍峰へ登った記事を読み、自分も登ってみようと思っていましたが
その時はたしか綺麗な花が咲いていたので春?今は秋だが紅葉も綺麗だろうと思っていたが紅葉は期待外れ、見事な新緑(涙

三之公の駐車地にある 山の神の祠裏から沢に下るが橋が壊れていたので、岩の上へ飛んで渡り
踏み跡のわかりにくい道を登っていくと途中からそれらしき道に合流するが稜線に出ると初めは細尾根で安心して進めるが広い稜線(これが長い)になると分岐も多いし方向が分からなくなる 案内板はほとんどない
テープが所々あるが広い道なのでわからない。
特に山の神から馬の鞍への道は、大台から池木屋山への縦走路だが案内板がほとんどない。
そんなこんなで2回ほど迷った。おかしいと思いGPSを見ると、あらぬ方向へ・・・

縦走路も木に囲まれて展望はほとんどなし、紅葉はイマイチ、足の捻挫は下山の良く滑る急坂で痛くなるし
登りは何ともないが下りは力が入るので痛い。捻挫は歩いていれば完治しそうだが??

次回行く時は三之公から馬の鞍峰へ行こう、登山道に変化があるし綺麗な滝もある。
山ノ神の頭は、しんどいだけで見どころが無いのと縦走路のアップダウンはかなり急だ。


右下 P1099(山ノ神の頭)間違って大台の方へ進んでいた
その上水場付近は先ほどのように間違いはないかGPSをみるとルートを外れていたので点線に戻ろうとうろうろするが、そんな道はない谷の崩壊現場まで行ったので最初の所へ引き返しGPSを無視して歩いた。
GPSの登山地図もいい加減だ、P1178(馬の鞍峰)~明神滝の間も地図の道はない
馬の鞍2
馬の鞍高度


祠の裏の沢へ
CIMG7439.jpg


橋が崩壊しているので岩に飛んで渡る、裏には大きな東屋?がある、その横から登る
CIMG7375.jpg


細尾根を歩いていると風が強く寒いくらいだ
CIMG7377.jpg

CIMG7381.jpg


P1099 山ノ神の頭 
CIMG7382.jpg


紅葉はこの程度 見ごろは11月中旬くらいかな?
CIMG7383.jpg

CIMG7386.jpg

CIMG7387.jpg

CIMG7388.jpg

CIMG7390.jpg

CIMG7391.jpg

CIMG7392.jpg

CIMG7394.jpg

CIMG7395.jpg

CIMG7398.jpg


何か所か同じ案内板がある、これを見るとホッとする
CIMG7400.jpg

CIMG7402.jpg

CIMG7407.jpg

CIMG7409.jpg

CIMG7410.jpg

CIMG7411.jpg


動物のような木
CIMG7412.jpg


P1178 馬の鞍峰 山頂は狭い 道なりに直進すると池木屋山への縦走路
CIMG7413.jpg

CIMG7415.jpg

CIMG7416.jpg

CIMG7419.jpg

CIMG7420.jpg

CIMG7421.jpg

CIMG7422.jpg


上流の滝 この滝も綺麗だった
CIMG7423.jpg

CIMG7426.jpg

CIMG7428.jpg

CIMG7430.jpg

CIMG7432.jpg


明神滝 滝つぼの近くまで行ったが、滝つぼの色は素晴らしく綺麗だった。何?ブルーかな?
CIMG7433.jpg

CIMG7436.jpg


朝登った山ノ神の祠の前の階段に下りた。
CIMG7437.jpg

今日は山歩き中誰ともあいませんでした。稜線の風はもう冬のようでした。
下山中、明神滝で滝見物の2人(男)にあいました、テレビでよく見る大きなカメラを担いでいたので
取材かな?。
駐車地に戻ると私の車を入れて3台有ったので、誰か一人(一組)登っているのか?もう1台はカメラマンの車だ

紅葉にドンピシャは中々難しい。



タグ :

蓼科山:霧ヶ峰ともう一山は▲? 2012.10.11

 2012-10-13
八ヶ岳から下山して白樺湖畔の超~~~リーズナブルなホテルに泊まり、翌朝ゆっくり朝食を食べて
蓼科山七合目登山口に着いたのは9時前。
山頂まで2時間の表示。最初は白樺の林の中を歩くが、ほぼ平行道で一向に高度が上がらない。
天狗の露地あたりからザレた坂道になるが、相変わらず緩い坂道だ。
そんなこんなで将軍平に到着、ここには山小屋、蓼科山荘がある表のベンチで小休憩する。
山荘から上は岩のゴロゴロした急坂に変貌、あえぎながら登っていくとランプの宿蓼科頂上ヒュッテの前に飛び出す。
山頂の三角点にタッチしてトットと下山する、山頂は強風で寒すぎた。
ちなみに1時間30分で頂上到着。

順調に下山していたがほぼ急な道も過ぎてもうチョイで登山口と言う所で滑り(ほとんどフラットの道)
足首を捻挫しました。その時は痛かったが我慢すれば歩ける程度でした。
そのまま予定通り、ビーナスラインで霧ヶ峰(車山)登山口の車山の肩駐車場に車を停めて、緩い坂のハイキング道をゆっくりゆっくり景色を眺めながら登り、山頂に到着、岩の上に腰を下ろし昼飯を食べた。
山頂から昨日登った八ヶ岳、今登って滑った(涙)蓼科山これから向かう美ヶ原と絶景を楽しむが、足が痛い(トホホ)

車山肩駐車地からビーナスラインで次の目的地、美ヶ原に向かうが遠い1時間くらい走ったと思う。
美ヶ原美術館の無料駐車場到着は午後3時前だった。
ハイキング道の案内板版には山頂(王ヶ頭)まで90分の表示、ほぼフラットな綺麗に整備された道なので
普通に歩けば5時までには美術館まで帰れるが、足が痛い5~6分歩いた所でもう一歩も歩きたくない・・・
ここでギブアップ。立ち止まりすぐそこに見えている山頂を眺め這うように駐車地へ引き返す(涙・。

これで今回の山行は終了しました。






蓼科山
蓼科山


七合目登山口
CIMG7316.jpg

天狗の露地
CIMG7318.jpg


ザンゲ坂
CIMG7319.jpg


将軍平 蓼科山荘
CIMG7320.jpg


将軍平から上はこのような岩がゴロゴロの急坂、
CIMG7324.jpg


途中 紅葉が・・・すこしだが
CIMG7325.jpg


山頂まで15分のペイント
CIMG7327.jpg


ランプの宿 蓼科山頂ヒュッテ
CIMG7328.jpg

CIMG7329.jpg


蓼科山 山頂 一等三角点
CIMG7330.jpg




霧ヶ峰(車山)
蓼科山:霧ヶ峰pg/" target="_blank">車山


気持ちのいいハイキング道
CIMG7333.jpg


駐車地(車山の肩)
CIMG7339.jpg


八ヶ岳がよく見える
CIMG7341.jpg


次の目的地 美ヶ原が遠くに
CIMG7342.jpg


霧ヶ峰(車山)山頂
CIMG7343.jpg


山頂から先ほど滑った蓼科山
CIMG7347.jpg


山頂の神社 この下にリフト乗り場
CIMG7352.jpg


山頂から美ヶ原
CIMG7356.jpg



美ヶ原 
CIMG7358.jpg
5~6分歩いてここまで来ましたが。もう歩きたいとは思いません(笑。
すぐそこの山頂を眺めて帰ります。
CIMG7360.jpg

CIMG7362.jpg


駐車地の美ヶ原美術館
CIMG7363.jpg

CIMG7364.jpg

山登りは下山するまで気を抜くなと良く聞くが、これからの山登り教訓としょう。

整形外科でレントゲンを撮った骨に異常なし。筋が伸びているだけ。
今日は昨日に比べだいぶ痛みもない。一時はどうなることかと・・・。




タグ :

八ヶ岳(美濃戸~赤岳:横岳:硫黄岳周回)2012.10.9~10

 2012-10-12
南八ヶ岳に行ってきました。
まったくの偶然にもCOOPERさんも北八ヶ岳に行ってたようです。
北八ヶ岳の方が紅葉も綺麗だ、それとも写真の腕の違いか??(違いすぎ)

8日仕事が終わり風呂に入り、晩飯を食べ 西名阪~名阪国道~東名阪~伊勢湾岸道~東海環状~中央道
諏訪南インターを2時に出る。予定通り夜間割引適応(3850円)?だったと思う。
ちなみに帰りは 中央道~東名、名神~近畿~西名阪 300円ほど高いが、ほぼ同じ料金だ。
行きのルートは東名阪四日市付近がいつも混んでいる、それ以外は走りやすいコースだ。

八ヶ岳遠征が決まったが、スタート地点を美濃戸口にするか美濃戸まで入るか、かなり迷いアドバイスをしてもらった。美濃戸口~美濃戸 間の悪路は有名だから。ある人は、心配ないセダンでもゆっくり走れば問題ない
駐車地にセダンがたくさん停まっている。また他の人は、あの悪路をセダンで走るのは無茶だと・・・
また、セダンで走るのは厳しいが、あの道を歩くのも大変だと・・・

そうやなぁ登山口まで約1時間の歩きは辛いなぁ。考えた末、腹をこすっても良い、ゆっくり行こう。
そんなこんなで美濃戸まで走りました。行は夜間でよく見えないのか、腹をこすりました(泣)
帰りは昼で見通しがよく、無事に美濃口まで無事故?で帰った。昼は問題なく走れるが夜間初めて走るのは
とっても危険です、最悪の道路だった。

1日目 美濃戸のやまのこ村の駐車場(1日1000円)から南沢を歩き行者小屋経由 文三郎尾根~赤岳山頂
    赤岳展望荘泊まり

2日目 展望荘~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉経由 北沢を下り駐車地やまのこ村まで。


八ヶ岳


美濃戸登山口
CIMG7314.jpg


南沢 紅葉は少し遅かったような?
CIMG7152.jpg


行者小屋 小屋の前にはテント場あり、ここで朝飯を食べる
CIMG7155.jpg

CIMG7164.jpg


阿弥陀岳
CIMG7169.jpg

急で中途半端に高い階段が延々と続く・・・もうよれよれ・・・
CIMG7170.jpg

CIMG7172.jpg


マムート階段 もうチョイ段差を・・・この山行で一番辛かった・・・
CIMG7176.jpg

CIMG7177.jpg

阿弥陀岳への稜線
CIMG7178.jpg


やっと階段から解放され、ここから岩登りだが、鎖や梯子があるので簡単に登れるし案外高度感がないのは意外だった
CIMG7181.jpg

CIMG7182.jpg

CIMG7185.jpg

CIMG7187.jpg


もう少しで山頂
CIMG7188.jpg


赤岳山頂
CIMG7194.jpg


赤岳北峰 頂上小屋
CIMG7203.jpg


展望荘への下りから頂上小屋
CIMG7205.jpg


今日泊まる 赤岳展望荘
CIMG7210.jpg


展望荘と赤岳北峰
この小屋には五右衛門風呂があるので有名。
今日は宿泊客が少ないのでか??全員個室だった。初めての個室ラッキー
食事はバイキング方式、まあまあだった。
CIMG7225.jpg


五右衛門風呂 直径2mくらいの釜で4~5人は入れる。脱衣所に4個カゴがあったので4人か?
この風呂の水はバイオトイレに利用とのこと。
当然だが石鹸などはない(掛け湯用の手桶がある)中で汗を流すだけ、最後にシャワーで流してでる。
この小屋には飲み水もない、お風呂も雨水だ、きっと何日も同じお湯だと思うがシャワーがあるので大丈夫。
風呂のお湯の色は茶色で、もしかしたら風呂釜の色か・・・深く考えないで入ればいいお湯だ。。
IMG_4045.jpg


翌朝小屋の前から お約束の富士山
CIMG7233.jpg


八ヶ岳の東はどこの山かわからないが??
CIMG7241.jpg

CIMG7246.jpg


地蔵の頭??
CIMG7247.jpg

CIMG7250.jpg

CIMG7264.jpg

CIMG7266.jpg


横岳
CIMG7270.jpg

CIMG7271.jpg

CIMG7272.jpg

CIMG7274.jpg

CIMG7279.jpg



硫黄岳山荘
CIMG7284.jpg


硫黄岳
CIMG7290.jpg


火口から夏沢峠 小屋が見えている
CIMG7294.jpg

CIMG7295.jpg


赤岩の頭
CIMG7305.jpg


紅葉の写真が少ないが山肌は綺麗だった。写真ではイマイチわからないが
CIMG7308.jpg



赤岳鉱泉 今日歩いた稜線の一部
CIMG7312.jpg


登りは南沢 下りは北沢だったが北沢の方が整備された登山道で歩きやすかった
CIMG7313.jpg

このコースは健脚の人なら日帰り可能だが、ゆっくり縦走を楽しむなら泊がいいかと思う。
行者小屋の前でテン泊、そこから周回していた人もいた。
八ヶ岳でビックリしたのは、若い人の多さだ。すれ違う人や追い抜かれる人(涙)はほとんど若い人だった
小屋の客も若い人が多かった、特に男だが。
2日とも天候に恵まれて良い山登りが出来た。この2日は・・・・???。。。

タグ :

家庭菜園 2012.10.7

 2012-10-07

今年の夏は猪に荒らされ全滅状態でしが、やっと平和になった家庭菜園です。。



キャベツ
IMG_4025.jpg

白菜
IMG_4026.jpg

大根
IMG_4027.jpg

IMG_4029.jpg

IMG_4030.jpg

ニンニク
IMG_4031.jpg

ニラとラッキョ
IMG_4034.jpg

今日 大根の種を植えた(まいた?)
IMG_4036.jpg

ブロッコリー
IMG_4037.jpg

上のハウス(今年から借りた)のキャベツ
IMG_4038.jpg

ハウスの横にはミカンがあるが手入れをしていないので木が枯れるのは時間の問題か?
IMG_4039.jpg

IMG_4040.jpg

IMG_4041.jpg

IMG_4042.jpg

最後は猪に破られた所、最初は破られたら修理していたが、また他を破られるのでそのままにしている
猪の食べないものを植えると中に入らない、表までは今も来ている。
IMG_4043.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫