宮妻峡から鎌ヶ岳/入道ヶ岳周回 2012.9.28

 2012-09-28
ヒルの心配がなくなった鈴鹿山系にひさしぶりに行ってきました。
宮妻峡の無料駐車場に車を置き、どちらから回ろうか考えていたが、入道ヶ岳登山口の下で凄い水の音がするので
(沢を2回ほど渡る)最初からドボンは嫌なので、鎌ヶ岳から先に昇った。
鎌ヶ岳も2回ほど沢を渡るが水の量が少ないので。鎌ヶ岳までの登りは砂礫の道でよく滑るし以前来た時と比べると、かなり荒れていた。鎌ヶ岳へ登ったが、もう一度スカイライン側に少し下り(山頂の巻道)
鎖場から登り返したが、大きな岩で鎖は切れていた。鎖はなくても登れるが。

入道ヶ岳は山頂の写真だけ見ていたので簡単に登れるだろうと思っていたが、水沢峠からの細尾根は崩壊しほうだい、アップダウンのキツイとんでもないコースだった(面白かった)

入道山頂は狼平のようだった。下りも最初は気持ちの良いみちだが沢の音が聞こえるくらいから小石のザレた下りになり、滑らないよう注意しながらの下山だった。

先日の大洞山/尼ヶ岳と歩いた距離は同じくらいだが、何倍も疲れました。
やはり鈴鹿は面白い。。


鎌ヶ岳

かまこうど


ここへ戻ってくる
CIMG7088.jpg

CIMG7097.jpg

CIMG7098.jpg


鎌ヶ岳が見えてきた
CIMG7100.jpg


山頂から少し下りスカイライン側から登り返す(鎖場)落石で鎖は切れていた
CIMG7103.jpg

CIMG7104.jpg


山頂から御在所岳
CIMG7106.jpg


雨乞岳 今年中に登ろう
CIMG7107.jpg


今から歩く鎌尾根
CIMG7108.jpg


鎌尾根から鎌ヶ岳
CIMG7111.jpg

CIMG7112.jpg


入道ヶ岳は遠いな~~
CIMG7113.jpg

CIMG7115.jpg

CIMG7116.jpg

CIMG7119.jpg

CIMG7121.jpg

CIMG7122.jpg

CIMG7126.jpg

CIMG7131.jpg


入道ヶ岳は写真で見た。イメージはこんな感じだった、まさか水沢峠からのハードな登山道は考えもしなかった。
思い切りつかれたが最高に面白かった
CIMG7133.jpg

CIMG7134.jpg

CIMG7138.jpg


ここもよく滑る
CIMG7140.jpg

CIMG7141.jpg

CIMG7142.jpg


写真を写している所も駐車場此処には2~3台停まっているが
下の広い駐車場は私の1台だけだ、停めた時も1台だった。
そういえば1日歩いて他のハイカーは4人だけだった。
CIMG7144.jpg
タグ :

今日の家庭菜園 2012.9.25

 2012-09-25
畑は猪にやりたい放題やられたので、最近あまり行ってなかった。
相方は相変わらず毎日通っている、その間私が行かないので草取りや耕しも全部一人で作業をやっている。

朝涼しくなったので先日久しぶりに畑へ行き、畔の草刈をした。

今日は白菜の植え付けの手伝いに行く(いまだにアシスタントです)


白菜の苗(種から自宅で育てる)と言うか白菜は種から育てる。
IMG_4001.jpg


先日植えた大根
IMG_4003.jpg


白菜
IMG_4005.jpg

これからの野菜は猪の口に合わないのか全部収穫できると思う。
今年の夏は全滅でした。
スイカ、メロン、ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、全滅だった。
それから初夏の大雨で畑はかなりの被害だった。。

被害がなかったのは、玉ねぎ、トマト、オクラ、キュウリ、ニンニク、ゴーヤ、シシトウ、ピーマン。
ナスは出来が悪く駄目だった。
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大洞山リベンジと尼ヶ岳 2012.9.22

 2012-09-22
昨年大洞山へ登ったが山頂を踏んでいないと言う私らしいミスを犯したので今日はリベンジです。
昨年の大洞山
今日は三多紀の桜 無料駐車場に車を停めて、大洞山(雌岳)~(雄岳)~倉骨峠~尼ヶ岳
尼ヶ岳~倉骨峠~石畳コース(東海自然歩道)~駐車地 三多紀の桜


大洞山2



三多紀の桜並木
CIMG7044.jpg

CIMG7047.jpg

CIMG7048.jpg


かなりキツイ石段登り ほぼ山頂まで
CIMG7049.jpg


大洞山 雌岳 から 雄岳
CIMG7051.jpg


向かいの山 学能堂山(がくのどうやま)
CIMG7052.jpg


大洞山(雌岳) 頂上 三角点
CIMG7054.jpg


大洞山(雄岳) 頂上
CIMG7055.jpg

CIMG7057.jpg

CIMG7061.jpg



倉骨峠 大洞山:尼ヶ岳 中間点
昨年はここへ車を停めて、尼ヶ岳、大洞山をピストンした(最短コース)
注意点:大洞山は山頂から少し先の低いピークが地図上の大洞山です、高い方で引き返さないように、笑。
CIMG7062.jpg



尼ヶ岳 頂上 300度位?展望抜群 今日は少し霞んでいたが、青山高原の風車(風力発電)と美杉リゾートは良く見えた
CIMG7066.jpg


倉骨峠への登り返し
CIMG7067.jpg


帰りは石畳コース(東海自然歩道)
CIMG7070.jpg

CIMG7072.jpg

CIMG7073.jpg


石畳コース崩壊のため の案内に従い 激下りの激登り
CIMG7075.jpg


元の石畳コースに合流 気になったので引き返して見ると行けそう(自己責任で)丸太の橋の所が少しヤバイだけ
CIMG7076.jpg


同じ案内が向こうにもあった
CIMG7077.jpg

CIMG7078.jpg

CIMG7080.jpg

CIMG7081.jpg

CIMG7085.jpg



駐車地 三多紀の桜
CIMG7086.jpg
タグ :

葛城山(天狗谷~ダイトレ)2012.9.16

 2012-09-16
葛城山

午前中に家まで帰れる山と言うことで水越峠に車を駐車。金剛山か葛城山ですこし迷ったが、葛城山は今年登っていないと思うので、今日は葛城山へ、登りは天狗谷から 葛城山キャンプ場まであっと言う間に到着。
ダイトレを二上山の方にすこし歩き自然研究路経由葛城山頂へ。

山頂はもう秋、ススキも綺麗だった。
ツツジ園の舞台上で、朝飯のような昼飯のような訳のわからない時間に飯をたべ休憩するが、風が強く寒くなったのでダイトレで水越までくだる。

トイレ前路上駐車地は満車だった。春のツツジの頃の様だ、ほとんどの人は金剛山らしい。葛城山ではあまり人にあわなかった。

土日祝日は水越までバスが運行している。10時15分位に峠に着いたバスから山ガールが・・・水越にも山ガール
ちょっと前まではオッサンとオバハンしか見なかったが変わったものだ。。


ツリフネソウ
CIMG6998.jpg


天狗谷道
CIMG7006.jpg

CIMG7007.jpg

CIMG7008.jpg


ダイトレ
CIMG7012.jpg


自然研究路
CIMG7014.jpg

CIMG7017.jpg


婿洗いの池?行こうかと思ったが藪っぽかったのでやめた
CIMG7018.jpg

CIMG7019.jpg


山頂のすこし下 オニユリとススキ
CIMG7022.jpg

CIMG7023.jpg


山頂から大阪市街と大阪湾
CIMG7025.jpg


パラグライダー場(大阪側 基地)
CIMG7028.jpg

CIMG7029.jpg


葛城高原ロッジ
CIMG7032.jpg


吾亦紅
CIMG7034.jpg


金剛山とススキ
CIMG7035.jpg


オオイヌタテ
CIMG7038.jpg


パラグライダー場(奈良側基地)からの大和三山
CIMG7039.jpg

CIMG7041.jpg


5~6m上の水越フェンスからは崩壊しているのでここへ下りた
CIMG7043.jpg
タグ :

鳳凰山(夜叉神の森登山口から三山縦走)2012.9.10~11

 2012-09-12
南アルプス北部にある鳳凰三山は白砂巨岩の神秘な山々です。
360度の展望は優美な富士、迫力の北岳、八ヶ岳、秩父連山、晴れた日には遥か駿河湾まで見渡すことが出来る。
鳳凰三山は北から地蔵岳(2764m)観音岳(2840m)薬師岳(2780m)の三山で構成されています。
特に地蔵岳の山頂部にあるオベリスクと呼ばれる巨大な尖塔は、鳳凰三山の象徴的存在です。


らしい。


アクセスは遠いの一言。以前来た時(北岳、間ノ岳縦走)はナビが壊れ散々な目にあいましたが、今回は順調に
登山口、夜叉神の森へ到着。
夜叉神の森は南アルプス林道通行止めゲート前(この先マイカー規制)にありトイレや自販機もある無料駐車場。


1日目 夜明けと同時にスタート、夜叉神峠へ向かう。急坂が続く、ブナやミズナラ林を約1時間登ると夜叉神峠に着く、山小屋があり広場から白根三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)の眺望が最高だ。
峠からも樹林帯を登ると杖立峠に着く。その先もひたすら原生林の中を登り詰める。息を切らしながら登り続けると苺平のコルに着く。あとは南御室小屋までは緩やかな下り坂だ。南御室小屋にはテント場もあり小屋の横には
南アルプスの天然水が湧き出ている。冷たくて最高に美味しい。小屋の前で休憩、少し早いが昼飯を食べる、と言っても途中コンビニで買ったパンだが。
小屋裏から急登になり、森林限界を超えると展望が開け(ここまで、6時間チョイほぼ無展望の森林の中を登った)砂払に着く。砂払を少し下ると薬師岳小屋がある。宿泊手続きを済ませ荷物を小屋に置き薬師岳へピストン、明日の朝は早く立ち次の観音岳で御来光の予定なので暗いなか薬師岳を通過するので今日登った。

2日目 予定通り薬師岳~観音岳まではライトを頼りに歩き。御来光は観音岳山頂、観音岳は三山の最高峰でさえぎる物の無い岩峰からの眺望は一級品。
観音岳からは岩稜が続くガレ場を下り稜線沿いに赤抜沢ノ頭へ向かう。山頂から賽ノ河原に降りる。数多くの地蔵さんが祭られている。ここからオベリスクに登る(途中怖くて残念)。この時若い人や(大学生くらい)沢山いてる中で一人だけ登頂成功、40代後半くらいの男性、聞く所によるとクライミングの経験者らしい。
最高にカッコよかった。連れの連れさんなら簡単に登頂出来るだろうと思った。
私もトライしたが最後の岩は怖くて残念。
ここはクライミングの経験があるか腕力でよじ登るかだが、悲しいかなどちらも無い。。
今回の山行き、この岩をよじ登るだったが怖かった。残念無念。。。

これで今回の山行は終わりのような気分になったが、この先 高嶺山頂からの激下り、白鳳峠から広河原までの激下りでヨレヨレ状態で広河原に到着、と同時に雨 よかった雨にあわずに。
広河原からは乗合タクシーで登山口、夜叉神の森駐車地へ。。芦安温泉で汗をながし、片道460キロの大阪まで帰る。大阪到着深夜0時過ぎ(高速深夜割引狙い)。。


ほうおうざん


下の3枚は下山後 広河原アルペンプラザに貼っていたポスターを写した。
CIMG6990.jpg

CIMG6991.jpg

CIMG6992.jpg



拡大 + すると南アルプス林道(バス道)が見える


夜叉神の森 登山口
CIMG6820.jpg


夜叉神峠 白根三山 右から北岳、間ノ岳、農鳥岳 (山小屋前から)
CIMG6822.jpg

CIMG6831.jpg


夜叉神峠と ここだけ展望あり(杖立峠??)今日はほぼ無展望の森林の中をひたすら登る
CIMG6833.jpg


苺平 ここから下り
CIMG6835.jpg


綺麗なおねえちゃんが薪割り、カッコ良い。
今日泊まる山小屋には水がないので小屋の横の湧水をボトルに入れる。兎に角美味しい水だった
テント場もある。
小屋の裏から激登り・・・(流石に南アルプスの山小屋って感じ、北アルプスのオシャレな小屋とは・・・)
CIMG6838.jpg


砂払山 やっと森林限界を超え展望がひらけた
CIMG6854.jpg


砂払からの薬師岳 (薬師岳小屋は砂払山と薬師岳のコルにある)
CIMG6862.jpg


明日この山は暗いうちに通過するので今日登った(小屋にチェックイン後)
CIMG6875.jpg
CIMG6882.jpg


今日の宿 薬師岳小屋(シブイ)小屋に入ると・・・やめとこう想像にまかせます 南アルプスです。
案外好きですこの感じ。。
CIMG6887.jpg


2日目 予定通り御来光前に観音岳 眺望は一級品。
薬師からくる途中南の方で稲光、目線の下に見るのは初めての経験
CIMG6897.jpg


北東に八ヶ岳
CIMG6904.jpg


南に薬師岳と富士山
CIMG6912.jpg


東に浅間山か?な?
CIMG6917.jpg


西に 北岳、間ノ岳、農鳥岳(3000m級の山々)
CIMG6919.jpg


北は稜線続きの甲斐駒ヶ岳
CIMG6920.jpg



CIMG6928.jpg


地蔵岳(オベリスク)
CIMG6941.jpg


オベリスクの上に立っている最高にかっこいい拍手先端は1mほどの広さ風が強いのに立った。。
連れの連れさんなら登れそう。
下には大勢のギャラリー全員拍手と歓声
CIMG6949.jpg


私もトライ(相方撮影 ブルーのシャツ)登る前にやめとき登れるわけないやんと・・・登ってみないと分からないと私
IMG_3993.jpg


グリーンのシャツの人の上にブルーのシャツは私。ここまでは何とか登れたが怖いこの先残念。
後で先端に登った人はクライミングの経験者とのこと。先端に登れるのはクライミングの経験が少しでもあるか
または腕力で登るかどちらも無い私は無理。この山行の目的はオベリスクに登るがテーマだったがあえなく撃沈
誰かリベンジを・・・。
IMG_3994.jpg


中央の岩が先端部です
CIMG6950.jpg


上から下の赤いシャツのおばちゃんは相方
CIMG6951.jpg


賽ノ河原から甲斐駒ヶ岳
CIMG6960.jpg


高嶺への登り
CIMG6966.jpg


高嶺から広河原(北岳、間ノ岳の登山口)
CIMG6970.jpg


仙丈ヶ岳
CIMG6973.jpg


高嶺 山頂
CIMG6976.jpg


山頂から激下り(岩場)白鳳峠
CIMG6979.jpg


広河原への下り
CIMG6980.jpg

CIMG6981.jpg


相方
CIMG6985.jpg

CIMG6986.jpg

CIMG6987.jpg
白鳳峠からの下り約2時間の後半は大峰 行者帰小屋の裏のザレ場のような所を約1時間激下り
疲れました。。


広河原アルペンプラザ 乗合タクシーで駐車地 夜叉神の森へ
料金は終点 芦安駐車場までと同料金(1100円)で乗れる、ちなみに甲府行きバスで夜叉神バス停まで950円 タクシーは9人乗り人数が揃うと発車
このタクシーにイケ面の若い男性が2人乗って来た。テレビでよく見る顔だが名前はわからない。
北岳からの帰りだと思う。
CIMG6994.jpg

タグ :

稲村ヶ岳(大峰山系)2012.9.4

 2012-09-04
母公堂に車を停め、法力峠経由 大日山 稲村ヶ岳へ行って来ました。
このコース急登が無いので久しぶりに気持ち良く登れました。

山頂近くで少し探し物をしましたが(剣)見つかりませんでした。
前日の雨で斜面は良く滑りシャクナゲの木に掴まりながら、泥まみれになりました。
登山道で待たしている相方も なにやってんのと怒りだし途中で諦めました(笑。

今日は伊吹山以来の二人です、二人で登ると喧嘩しながらの山登りになります(汗。

下山はレンゲ辻経由で大橋~母公堂です。
レンゲ辻辺りから雨が降りだす。木製の階段が雨で良く滑り何回も・・・
なんとか母公堂に到着。
暑いコーヒーのサービス、最高に美味しく頂きました。。


登山口に咲いていた ツリフネソウ
CIMG6779.jpg

CIMG6780.jpg

CIMG6783.jpg

CIMG6785.jpg

CIMG6788.jpg

CIMG6789.jpg


先に大日、稲村に行き帰りに 少し早い昼飯を食べる
CIMG6793.jpg

CIMG6794.jpg


大日山 
CIMG6796.jpg

CIMG6797.jpg


大日山 山頂
CIMG6798.jpg

CIMG6801.jpg


稲村ヶ岳 三角点
CIMG6802.jpg


展望デッキは生憎の天気で展望はイマイチ
CIMG6805.jpg



向かいの山上ヶ岳はなんとかみえる(お花畑)
CIMG6807.jpg

CIMG6808.jpg

CIMG6809.jpg


トリカブトはいたるところに咲いているが他の花はほとんど無い
CIMG6811.jpg

CIMG6812.jpg


これを左に下る その後雨・・・
CIMG6813.jpg



木製の階段 雨で良く滑る・・・
CIMG6815.jpg

CIMG6818.jpg



母公堂のコーヒー 美味い。。
CIMG6819.jpg
帰りに 洞川温泉で汗を流し出てくると青空だった。
下界は天気でも山の上は未だ雨だろうか??。


GPS 軌跡
稲村ヶ岳

残念・・・
剣

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫