爺ヶ岳:鹿島槍ヶ岳(後立山) 2012.8・23~24

 2012-08-25
後立山縦走計画は失敗しました。体力(脚力)は想像以上に落ちています。
今回の遠征前、体力測定で伊吹山に登ったがヨレヨレだった、暑さに負けたと勘違いしていた(涙)。

計画では、
1日目 扇沢に車を置き、柏原新道で爺ヶ岳~冷池山荘(泊まり)
2日目 山荘~鹿島槍~キレット越え~五竜岳~五竜山荘(泊まり)
3日目 山荘~唐松岳~八方尾根(ゴンドラ)~バス~白馬駅~信濃大町駅~バス~扇沢

何の無理もない標準コースだ、もう一度精神と肉体を鍛えなおすか(笑。

と言う訳で今回は、扇沢から爺ヶ岳:鹿島槍ヶ岳ピストンの巻きです(一泊二日)
肉体以外にも少々訳があったが。。

今回は二泊三日の予定だったので予備日を含め四日間の休みを取った(木・金・土・日)
22日夕方から長野県大町市の扇沢へ向かい、無料駐車場に車を停め仮眠を取るが、神経質で俗に言う枕が変わると慣れない方なので、寝ていたような寝ていないような・・・

1日目 朝4時過ぎに扇沢駅へ(ここは黒部ダムへの長野県側玄関口でこれより先は一般車通行止め、この駅からトロリーバスで黒部ダムへその後ケーブルカーなどで室堂まで)

顔を洗いトイレを済まして15分ほど下った所にある登山口へ

予定通り柏原新道を登る、最初からかなりの急登り途中にあるザレ場辺りは平行道になるが、鉄砲坂から種池山荘までは又石畳の急登りだ、山荘の前で休憩、家庭菜園で採れたトマトを食べたが最高に美味かった。
ここまでは少し疲れたが普通に登れたと思う、景色も良く山荘の前からの立山、剱はすぐ近くだ。

山荘から見る爺ヶ岳南峰はなだらかな登りでたいしたことは無いと登り始めると途中から思いのほか疲れて来
ヒーヒーいいながら登る
南、中と山頂に立つがガスで展望はイマイチ、爺ヶ岳から下り今日の宿「冷池山荘」つめたいいけ山荘と読むらしい
山荘はリホームをしているようで中々綺麗だ、客も少なく15人部屋(男部屋)に5人と言う最高の贅沢
食事は写真を撮るほどの事は無い、ごく普通の小屋飯だった。
明日は早立ちなので朝飯は弁当をたのむ、4時に用意出来るらしい。
この時点では明日はキレットを越え五竜山荘泊まりと予定通りだった。
晩飯を食べて部屋で同室の方々とこの後の計画を聞くと全員明日は鹿島槍へ空身で登り山荘に戻り来た道を引き返し扇沢に下山らしい、
ここで俺も同じように扇沢に下山しようかな~かなり疲れているしと弱気になる。
よし鹿島槍に荷物全部背負い登って山頂で行けそうなら予定通り進み、しんどいようなら引き返すかと考える。

うとうとしていると7時ごろ、バケツをひっくり返したような雨だ、あわてて明日の天気予報を聞くと
午前中は晴れだが午後は雨らしい、スリル満点のキレットに雨は嫌だなぁ、弱気に・・・
2日目の朝、目をさますと誰もいない、やってもうた寝過ぎた、と言っても1時間ほどだが(だれや枕が変わると寝れないって・・・)
小屋どまりでは朝誰にも迷惑をかけないように音も立てずに部屋から出て行く、
朝早いので弁当と言ってこの時間もう小屋の朝飯も始まっている。

この時間から五竜までは、しんどいかと此処でピストンに変更(軟弱です、涙)
空身で鹿島槍の双峰に登り扇沢に下山と情けない山行(敗退編)です。

ちなみに泊まっていた、冷池山荘から五竜山荘までの時間は、冷池山荘~鹿島槍ピストン~扇沢までと
ほぼ同じ時間だ。

敗退編

1日目 扇沢~柏原新道~種池山荘~爺ヶ岳南峰~中峰~冷池山荘(泊まり)
2日目 山荘~布引山~鹿島槍ヶ岳南峰~吊尾根~北峰~扇沢に下山

休みが2日あまった、今足も痛くない、恐るべしヘルニア。どこか知らず知らずかばって歩いているのかなぁ
9月にリベンジ遠征をこれを書きながら考えているが、また敗退しそうだ。

とりあえず写真は一杯撮ってきたので写真だけでも・・・でも同じ様な画ばかり・・・


登山口付近に無料駐車場はあるが今回はバスで扇沢に戻る予定なのでこの上15分の駐車地を利用
CIMG6614.jpg

CIMG6618.jpg

後立山縦走の種池山荘から黒部方面の針ノ木岳方面
CIMG6619.jpg

やっと種池山荘が見えて来た、まだ余裕だったが
CIMG6628.jpg

傾斜の緩い登りだがかなり疲れた
CIMG6636.jpg

CIMG6640.jpg

CIMG6645.jpg

中峰から今登っていた南峰をみる
CIMG6647.jpg

CIMG6649.jpg

CIMG6652.jpg

CIMG6653.jpg

今日の宿「冷池山荘」つめたいいけさんそう
CIMG6657.jpg

鹿島槍ヶ岳 双峰 御来光は鹿島槍の山頂から見たかった
CIMG6667.jpg

剱岳 今回の山行きは立山、剱が何時も綺麗だった、他の山はガスでも・・・
CIMG6670.jpg

立山
CIMG6671.jpg

富士山と八ヶ岳
CIMG6683.jpg

右の奥は薬師岳その隣は黒部五郎
CIMG6685.jpg

CIMG6692.jpg

鹿島槍の陰と立山、剱
CIMG6693.jpg

左は爺ヶ岳
CIMG6696.jpg

布引山からみた鹿島槍ヶ岳、南峰と北峰
CIMG6697.jpg

南峰山頂から今来た稜線
CIMG6701.jpg

南峰から吊尾根と北峰
CIMG6703.jpg

富士山と八ヶ岳をバックに、剱をバックに写したかったが逆光で無理だった
CIMG6705.jpg

南峰への岩登り下り(マーキングに沿って登れば問題ない)
CIMG6706.jpg

吊尾根と南峰
CIMG6707.jpg

CIMG6708.jpg

本来は行くはずだった、キレット小屋がガスの間に見える(軟弱です・・・)
キレットを歩いている単独山ガール(グリーンのシャツ)羨ましいなぁ。写真では分からない・・・
CIMG6712.jpg

南峰と剱(もうええちゅうのに)
CIMG6717.jpg

もう一回 これを見ながらの休憩は最高
CIMG6725.jpg

一応 槍ヶ岳も
CIMG6727.jpg

薬師と黒部五郎 
CIMG6728.jpg

やっと顔を出した白馬岳(雲の中の白っぽい山)手前は五竜岳
CIMG6729.jpg

下山中 雷鳥親子に遭遇、夫婦と子供三人、これはお父さん、お母さんは子供の面倒をみていたが
お父さんは勝手に食べ物を探しうろうろ・・・
CIMG6745.jpg

CIMG6739.jpg


扇沢総合案内センター
CIMG6762.jpg




朝予定通り起きてザックを担ぎ鹿島槍北峰まで行っていたとしても引き返していたことだろう。

昼からの雨予報と寝過ごしは言いわけだ、体力は無いなぁ、それでもそのまま進んでもここから下山と同じ時間やったのにと悔やみもするが。

リベンジは逆コースからにしよう。
白馬八方ゴンドラリフト駅前無料駐車場から八方尾根~唐松岳~五竜山荘(泊)~五竜岳~八峯キレット~鹿島槍
冷池山荘(泊)~爺ヶ岳~柏原新道~扇沢
もし今回と同じ結果で敗退しても、唐松、五竜は登れるから(物凄く自信が無い今の自分)

ヤマレコのpopoi11さん名付け親の「スタンディング・ランチ」復活は何時の事やら(笑。
この方とは武奈ヶ岳山頂でお会いした。その時パンを立ち食いしていたので・・・。

次は頑張ろう ほんまかいな

タグ :

伊吹山(伊吹山地:滋賀県)2012.8.17

 2012-08-18
夏の伊吹山は暑い日影がないので汗かき放題だ。
昨年も8月に登った、暑いのは忘れていた学習能力無しだ。

お花畑は(少し遅かったか?)花の百名山とあるように流石に綺麗だった。
東遊歩道が特に綺麗だった。
遊歩道から伊吹ドライブウエイ駐車地まで下ったが、駐車場の車は満車状態だ。

夏登る時は朝早く登り山頂で朝日を見て下山がいいかも、大阪からだとチト難しいか?な。

今日はスタートが8時すぎで一番暑い時に登った。
近くの中学生?の一行と一緒の時間になり賑やかだった、冬登るのは耐寒登山だが夏は何登山っていうのかな?。



一合目と二合目の中間点くらい、この時点で暑さでヨレヨレだ。
CIMG6567.jpg

ナデシコ
CIMG6569.jpg

CIMG6570.jpg

五合目ここで大休止、前も後ろも学生で賑やかだ、もう山登りは絶対しないとか、もう限界やとわいわい賑やかだ
山頂に着いた達成感を味わうと、学生たちはきっと又来年の夏も登っているだろう。
CIMG6572.jpg

コオニユリ
CIMG6578.jpg

CIMG6579.jpg

琵琶湖は霞んでいる
CIMG6580.jpg

シモツケソウ
CIMG6581.jpg

CIMG6583.jpg

CIMG6586.jpg

CIMG6590.jpg

CIMG6592.jpg

山頂のお花畑
CIMG6593.jpg

三角点
CIMG6595.jpg

これからは東遊歩道のお花畑
CIMG6597.jpg

CIMG6600.jpg

クガイソウ
CIMG6602.jpg

CIMG6603.jpg

遊歩道からの山頂
CIMG6604.jpg

霊仙山?
CIMG6605.jpg

伊吹ドライブウエイ駐車場は満車状態
CIMG6608.jpg

駐車地からの登り返し途中にある お花畑
CIMG6609.jpg

CIMG6611.jpg
雷が鳴りだしたので大急ぎで下山(これがまた暑い)帰りに薬草の湯で汗を流し帰る。。

GPS 軌跡
伊吹山

長さ  1400m
登り  1296m
下り  1276m

タグ :

剱岳(北アルプス)と古光山(室生周辺)2012.8.5

 2012-08-05
今日は大洞山と尼ヶ岳へ登る予定で、登山口 三多紀の桜の駐車場まで行ったら雨が降り出す
雨具は持ってこなかったので車の中で約1時間待つが雨は止むどころか本降りになって来た

雨の中登るほどの勇気はないのでトットと帰ろうと曽爾高原付近まで帰ると雨も止んできたと言うか
この辺りは初めから降って無い、この近くに適当な山はと考え、倶留尊山と古光山に行こうと決めた
この山は昨年4月29日に登っている倶留尊山と古光山この時は天気も良かった。

駐車地は中間地点の道路脇が便利だ(若干駐車料金がもったいないと頭をよぎる、ケチやな~)
最初は空は曇っているが雨は降ってなかった。
長い階段を登り、藪に突っ込み普通の少し傾斜のキツイ登りにはいったころ雨が降り出す
このまま帰ってもずぶ濡れ、行ってもずぶ濡れ、同じずぶ濡れなら行こう。。。

そんなこんなで古光山は行ったが、倶留尊山は中止して帰る、途中榛原辺りは晴れている。
行く方向を間違えたようだ。


剱岳(番外編)
昨晩(土曜日)相方が遠征から帰ってきた。
二日とも、抜けるような青空(どっかで聞いたような、笑)で最高だったと言う。
小屋泊まりも、女部屋(8人)に入れ、布団も一枚あたったそうな
夫婦で泊まると、必ず大部屋になる。
これは別々に行った方がいいのか?でも男は一人でも大部屋だ。

梅田の阪急バスターミナル(夜行バス)を(木曜日)22:00に出発 富山に(金曜日)5:50到着
6:30室堂行き直送バスで室堂着9:00
室堂~剣山荘泊
剣山荘(土曜日)~剱岳~室堂~富山行きバス~富山発17:52発サンダーバードで大阪駅21:22着


奥に剱岳
IMG_3930.jpg


チングルマ
IMG_3933.jpg


みくりが池
IMG_3935.jpg

IMG_3936.jpg

IMG_3940.jpg


前剱からの御来光
IMG_3941.jpg


剱岳
IMG_3942.jpg

IMG_3943.jpg


剱岳頂上
ぬけるような青空で展望は最高だったとのことだが、写真は無い、今回も行く前に頂上に登ったら
頂上の写真くらいは撮るようにと・・・結局、分かりにくい写真だなぁ
ちなみに写真はこれですべてだ、どの山へ登っても花の写真は撮るが景色は見て楽しむタイプだ。。
IMG_3944.jpg

IMG_3945.jpg

IMG_3946.jpg

IMG_3948.jpg


ピンボケの雷鳥
IMG_3951.jpg


本番はこれからです(笑)私の得意とする低山登りです。。
IMG_3953.jpg


信じられないほどの藪(背丈くらい)をかき分け
IMG_3954.jpg

IMG_3957.jpg

IMG_3960.jpg

IMG_3962.jpg

IMG_3963.jpg

IMG_3965.jpg

IMG_3968.jpg


この少し上にあるロープは切れかかっているのがある(下山中気が付く)何本もあるのでロープを使う時は
複数持つように(出来るだけロープは持たない方がいい、信用できません)
IMG_3971.jpg

IMG_3972.jpg

IMG_3973.jpg

IMG_3974.jpg

IMG_3975.jpg

IMG_3979.jpg


古光山 名物 雲の巣(ロープ)
木の根やイワを掴んで登り降りしたほうが安全 ロープは補助的に
IMG_3981.jpg

IMG_3982.jpg

IMG_3984.jpg


道路を横切りそのまま進むと亀山~曽爾高原~倶留尊山
IMG_3985.jpg

GPS 軌跡
古光山
タグ :

金剛山(イワタバコを愛でに)2012.8.1

 2012-08-01
金剛山の谷には「イワタバコ」が所狭しと群生している、と言っても何時も見ているのは葉だけである。
毎年咲いているのを見るのは、1輪ほどだ。
山登り(沢)の途中目に入るのを見ていたからか?。今日は最初からイワタバコの花を徹底的に探そうと思い
沢靴持参、沢の中から両サイドに目をこらし探したが、咲いていない葉がほとんどで、咲いているのも
これから咲く花か、もう咲き終わった花か良く分からない?、蕾みのようでそうでもないようで?
兎に角綺麗なのは2株ほどでした。

イワタバコがイマイチなので、この時期山頂の周回遊歩道に咲いている「ツチアケビ」を探そうと、うろうろしたが
全然見つからない2~3年前には沢山あったが???


これって終わっている??(9枚目と10枚目は綺麗だがその他は終わっているのか??わからない)
CIMG6539.jpg

CIMG6540.jpg

CIMG6541.jpg

CIMG6544.jpg

CIMG6545.jpg

CIMG6548.jpg

CIMG6549.jpg

CIMG6552.jpg


これから下の2株は綺麗だった
CIMG6554.jpg

CIMG6555.jpg

CIMG6556.jpg

CIMG6557.jpg

CIMG6561.jpg

CIMG6563.jpg

東谷

皆さん夏遠征でアルプス等に行っていますが、私は9月の初めころに行けたらいいかと思っています。
明日から相方も北アルプスに行きます。だいぶ迷ったが今回はパスします、おばちゃん2人で行くようです。

私が行くには仕事の調整などめんどくさくなり、自分の休みに単独で行こうと思います。
あと一ヵ月で足の筋力が元のようになるかな~?。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫