観音峰山のナンバンキセル&みたらい渓谷2011.8.28

 2011-08-28
今日は水越峠から葛城山へ登る予定で、大和高田バイパスで名柄を右折の予定が信号の手前で気が変わり

観音峰に行こうと、左折。

葛城山に登るのはナンバンキセルがまだ咲いているかな~と思い決めていたが

観音峰も展望台にススキもあるのでもしかして?咲いてる?(あるかなぁ)と思い。



CIMG3901.jpg
駐車場から吊り橋を渡り



吊り橋から
CIMG3903.jpg

CIMG3909.jpg

CIMG3921.jpg
展望台から
CIMG3922.jpg

CIMG3926.jpg
ありましたススキの中に ナンバンキセル



CIMG3930.jpg

CIMG3923.jpg
稲村と大日


観音峰からの下山途中・・と言っても駐車地すこし手前を左折し、みたらい渓谷へ
CIMG3946.jpg

CIMG3957.jpg

CIMG3962.jpg

CIMG3970.jpg



マイナスイオンを浴び 今日のハイキングは終了

9月の遠征から帰ったら、行ってみようか、例の川と今はヒルがいてるので(?)行けない台高の○○○山
タグ :

二上山(金剛山地北部)2011.8.22

 2011-08-23
2月18日以来の二上山です、1番近くの山で1番詳しい山と思っています(私の中で)

ふるさと公園(春のチャレンジ登山スタート地点、秋は少し違いますが)に車を停め

何処を歩くか決めていません。

まず公園を横切り 水車小屋の横にある太鼓橋を渡り山に入ります。


ふるさと公園
IMG_3234.jpg

正面の山は雄岳ここから一度下り登り返す
IMG_3240.jpg

二上山 雄岳山頂、すこし上に神社があるが私はここが山頂と思っている
休日には神社の前に 集金人が・・・

大津皇子二上山の墓
IMG_3246.jpg
IMG_3247.jpg

山頂から下り ここを通り尚下る
IMG_3251.jpg

藪コギして此処へ
IMG_3253.jpg

ここで休憩、ろくわたりの道 これから万葉の森へ下るまで(大阪側)
IMG_3258.jpg
良く冷やしたミニトマト、家庭菜園で採れた物
IMG_3260.jpg

大阪側駐車場から登り 鹿谷寺跡
IMG_3264.jpg
鹿谷寺跡の壁画
IMG_3266.jpg

この上の展望台へ
IMG_3267.jpg

IMG_3269.jpg

展望台から東は二上山雌岳
IMG_3271.jpg

西は大阪  PLの塔が良く見えるが、高圧線が邪魔やな~花火に邪魔になるかな?
来年はここから見ようか??(駐車地から近いので)
IMG_3272.jpg

鹿谷寺跡コースで岩屋へ登る
IMG_3275.jpg

岩屋から下り 裕泉寺へ この寺の裏から岩尾根を登り、雌岳へ
IMG_3282.jpg

IMG_3284.jpg

IMG_3285.jpg

雌岳の東屋に出る
IMG_3290.jpg

雌岳 山頂の三角点と日時計、日時計がちょうど12時 昼飯を食べる
暑い思い切り汗をかきシャツも汗を絞り木にかけて乾かす、パンツも膝の少し上からベルトの所まで
ビショビショ、蜘蛛の巣と汗で無茶苦茶
汗をかくのは調子が良いからかな?
IMG_3291.jpg

岩屋に下る、今日二度目こんどは旧ダイトレで竹之内峠の方へ行き途中東に曲がる
IMG_3300.jpg

原缶もとい原岳(笑)
IMG_3301.jpg

麻呂子山(当麻寺の裏山)最後はヤバイ所へ出る
IMG_3304.jpg

左側の道から出てきました ここから二上山下 大池に
IMG_3307.jpg

大池から又登る
IMG_3310.jpg

登り又下り 公園の石段の上へ帰りました この間5時間(休憩含む)
低山なのでグルグル回って丁度良い感じです
9月の遠征の訓練のつもりだが、直前まで訓練すると本番にバテルので
この先は軽く歩こうか?な。
IMG_3313.jpg

GPSを忘れたので  イメージです(手書きは難しいなぁ)かなりいい加減です
手書き


タグ :

大台ヶ原山 2011.8.17

 2011-08-17
大台ヶ原は、忘れる位前に2度行った事があるが まだ山登りを始める前で何処を歩いたか
たしか1回目は 日出ヶ岳で昼飯を食べすぐ帰ったと思う 2度目は吊り橋を渡った記憶がある

それでも今まで人に聞かれると、大台ヶ原は2回登ったと言っていた、昨日おの@あびこさんの記事で
大台ヶ原時計回り+西大台を見て、今までのは行ったとは言えないので、今日あらためて、ほぼ初めての
大台ヶ原 時計回りコース(西大台は事前予約が必要なので入れない)を回ってきました


日出ヶ岳 山頂
CIMG3841.jpg

CIMG3842.jpg

大杉谷の方へ少しだけ下る
未だ堂倉滝で通行止め いつ全面開通するのかな?
CIMG3847.jpg

CIMG3849.jpg

CIMG3852.jpg

CIMG3856.jpg

この看板が出てきたと言うことは、この先激下りだな そろそろ山頂へ引き返そう
CIMG3857.jpg

結局シャクナゲ平で引き返す、桃の木小屋までここから約6~7キロ
CIMG3858.jpg

CIMG3859.jpg

CIMG3863.jpg

CIMG3870.jpg

CIMG3872.jpg

CIMG3878.jpg

CIMG3879.jpg

CIMG3887.jpg

CIMG3889.jpg

CIMG3890.jpg

大蛇グラ
CIMG3897.jpg

先端から 足がすくむ
CIMG3892.jpg

CIMG3893.jpg

お約束の滝・・・
CIMG3896.jpg

CIMG3898.jpg

CIMG3899.jpg

おおだい

帰り道 入之波温泉に行くが水曜日は定休日(涙)。。。
タグ :

明神山(金剛山脈最北端)2011.8.14

 2011-08-14
今年はお盆休みが全部仕事だ、家族は全員徳島に行き 私一人留守番

明日15日も当然仕事、今日は昼に仕事が終わったので久しぶりに明神山へ行きました

蜘蛛の巣をかきわけながら、汗まみれで・・・

いつもはピストンで同じ道を引き返すが、今日は確認したい道があるので王寺町の方に向かう


東春日台の住宅地を通りみちなりに登る(農道)
IMG_3188.jpg

左手にハイキング道の入り口
IMG_3189.jpg

関屋地蔵の階段を登る
IMG_3192.jpg

IMG_3198.jpg

IMG_3201.jpg

IMG_3202.jpg

IMG_3205.jpg

明神山 三等三角点
IMG_3206.jpg

数えきれないほど この山に来たが全然気がつかなかった
おの@あびこさんの記事を読み三角点があるのを知りました(まさか三角点に蓋があるとは)

山頂近くの社は、西山明神さんともいわれる水神社で、山中には古くから大和と河内を結ぶ道があり
聖徳太子送迎の『送迎(ひるめ)越え』といわれています。
    自然とふれあう大寺町より

IMG_3207.jpg

奈良の街並み(山頂展望台から)
IMG_3210.jpg

下山は王寺の方に舗装道路を下り500~600mの左手にあるテープのマーキングを下る
IMG_3211.jpg

先ほどの道に負けず劣らずの蜘蛛の巣
IMG_3212.jpg

IMG_3216.jpg

林道に出たので大阪方面に歩くと神社があり行き止まり、仕方なく奈良方面に下る
IMG_3220.jpg
IMG_3219.jpg

国道25号線の此処へ出ました
IMG_3221.jpg

今日の目的地・・・この踏切を越えて明神山へ・・・秋になったらと思っていたが、アカンで(笑)
これは道と違うど~~ 良くこんな所から登ったなぁ あびこさんは。
IMG_3222.jpg

亀の瀬の新しい橋
IMG_3225.jpg

河内堅上駅前~スケート場前~運動公園横を通り帰る
IMG_3226.jpg

運動公園横から良く揺れる吊り橋をわたる(大和川の吊り橋)
IMG_3232.jpg

IMG_3230.jpg

吊り橋中央~明神山の方を見る
IMG_3231.jpg

GPS
明神山


とにかく暑かった、超低山なので山頂も暑い家を出帰るまで全部暑かった

4時間チョイのハイキング、足元は長靴だったので足の裏が今でも痛い。
タグ :

反時計回りで狼平~川原小屋

 2011-08-10
坪内林道終点に車を停め、ナベの耳~川原小屋~弥山川を狼平までの予定でスタートするが

ナベの耳が特定出来ず(ナベの耳ってどんなん?)適当に弥山川の方へ下るが道なき道で木や岩に掴まりながら

水の音がゴーゴーと聞こえるが、とんでもない断崖これはヤバイと登山道へ登り返す

この下りと登りでぐったり。

ここまで来たので明星ヶ岳~八経ヶ岳周回コースに変更し高崎横手に到着し看板の地図を眺めていると

ひらめきました、押しても駄目なら引いてみな?そうです下から登るのは駄目でも、上から(狼平)なら

川沿いを下れば良いので(あまりお勧めできませんが、沢は登るのが基本と・・・)

狼平に到着し河原で小休止し改めて再スタート(反時計回り)

綺麗な川でした、アトラクションも豊富にあり(梯子、鉄筋の回廊その他)楽しみながらの川下り

無事、川原小屋到着するが、またナベの耳への取りつき道がわからず うろうろ、このまま上に登れば

何とかなるだろうと登り始めるとマーキングを見つける あとは平和に林道終点まで歩く、途中ヘリポート見物?

色々あった山行だったが、ナベの耳からの取りつきも次から大丈夫、熊渡りへの取りつきも良し。

それなりに実りのあった山行だった。

GPS 軌跡 リング状の所が間違って下った所、双門滝の近くまで下っている
弥生川

稲村ヶ岳
IMG_3135.jpg

紛らわしいマーキングこれを目印と思い下る
IMG_3141.jpg

この辺りはまだ余裕で写真も撮っているが、最後の方は必死で岩にしがみつく・・・
IMG_3142.jpg

このすぐ下あたりからヤバくなる
IMG_3143.jpg

そんなこんなで狼平 避難小屋
IMG_3146.jpg

小休止のあと下る(下りは危ないので無理なら引き返す覚悟で)
IMG_3147.jpg

IMG_3150.jpg

鉄筋の回廊(高度感が無いので、100m位高いとシビレルと思うが)
IMG_3151.jpg

モンベルのサワーシューズ、中は地下足袋のように親指と人指指の間に仕切りがある優れモノ、安い
IMG_3153.jpg

IMG_3157.jpg

IMG_3160.jpg

IMG_3161.jpg

IMG_3162.jpg

IMG_3164.jpg

IMG_3166.jpg

このタイプの梯子が至る所にある(比較的新しい物だ)
IMG_3169.jpg

とにかく水が綺麗だ シモツケソウ?
IMG_3171.jpg

川原小屋が見えてきた
IMG_3173.jpg

ナベの耳 本物のマーキング高すぎて見えなかったか??(登ってきて確認)
IMG_3175.jpg

坪内林道ヘリポートにて
IMG_3180.jpg

タグ :

伊吹山(伊吹山地:滋賀県)2011.8.6

 2011-08-06
名神高速米原ICから伊吹山登山口まで約20分、登山口の近くの駐車場(民家や会社の前が駐車場になっている)

登山口前は1000円その他は500円、当然500円の駐車場に車を停め 7時にスタート

一合目までは植林の中を登るが風がなく暑い一合目に着くまでに汗でパンツもシャツも、びしょびしょだ

一合目からスキー場跡のなだらかな草原の道で、六合目あたりから石がゴロゴロと転がるジグザグ道に変わり

次第に傾斜もきつくなり 苦しい登りが続くが両側に花々が咲き競うので写真を撮りながらゆっくり登る

10時30分山頂に到着するが 一面のガス最近何処へ行ってもガスだ、今の時期山頂はお花畑で

綺麗なはずだが、良く見えないほどのガスと この前の雨でドライブウエイが崩壊し通行不能と思っていたのに

今日から開通したと言う、山頂の駐車場は車で一杯観光バスも・・・

ツアー客で山頂の周回道路も人でごった返している、ガスと人で嫌になり、昼飯を食べそうそうと撤退する

五合目あたりまで下り山頂を振り返ると、ガスは完全に無くなり快晴だ、午前中快晴で昼を過ぎるとガスと

思うのだが?今日は反対のようだ、いまさらもう一度登るスタミナも無いので泣く泣く下山する

五合目で時間を見れば11時30分だ、さっき7合目で知り合いに良く似た人と挨拶(こんにちは)を交わした

写真で見ているだけで実際に会っていないので、人違いかも??自身がなかったので、こんにちは~で

すれ違ったが・・・

七合目あたりを11時20~30分に登っていましたが、写真と良く似ていたな~

そんなこんなで13時に登山口近くの「伊吹薬草の湯」に入り帰りましたが、この温泉も満員この時間に満員

そうですバスで伊吹山に登ったツアー客の団体様と鉢合わせ、今日は微妙についてないと言うか

もう少し山頂にいてたら眺望も良かったと思うが、途中でお会いした方が、あの方なら、そちらの写真は

綺麗だと思うのだが。。。

登山口の三宮神社
CIMG3780.jpg

CIMG3782.jpg

CIMG3784.jpg

CIMG3785.jpg

CIMG3786.jpg

CIMG3806.jpg

CIMG3812.jpg

CIMG3814.jpg

ガスで良く見えないが 山頂お花畑
CIMG3819.jpg

CIMG3821.jpg

一等三角点
CIMG3822.jpg

CIMG3827.jpg

CIMG3829.jpg

下山中 琵琶湖方面
CIMG3831.jpg

ハクサンフウロ
CIMG3788.jpg

ユウスゲ(早いのか?遅いのか?ピンボケは別にして)
CIMG3789.jpg

オニユリ
CIMG3795.jpg

オタカラコウ?
CIMG3805.jpg

クガイソウ
CIMG3824.jpg

シモツケソウ
CIMG3825.jpg

GPS 軌跡
伊吹山





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫