みぞれの二上山 (2010.12.30)

 2010-12-30
お昼前に用事が終わり、近くの山へ行くことにした(毎回近場ですが)
 
天気予報は昼から雨、途中で雨になっても、すぐ下山できる山と言うことで二上山
 
ふるさと公園に車を停め
 
傘堂~裕泉寺~裕泉寺尾根~雌岳~一本杉パノラマ台~公園階段
 
 
 
傘堂の横で石碑を掃除している方に
聞きましたが、この石碑は豊後の国(今の大分県)の出身で(名前を忘れましたが)この横の大池を腐心した
人の石碑だそうです、今でも田植えの時には大変助かっているそうです、傘堂は【奈良県指定有形民俗文化財】
 

傘堂 
 
 
大池からの二上山

 
 
裕泉寺

 
 
裕泉寺尾根

 
 
裕泉寺尾根

 
 
 
尾根からの二上山

 
 
綺麗な青空、このあと大荒れになるとは

 
 
 
雌岳山頂 誰もいない?
 山頂で昼飯を食べていると、雪、みぞれ が降りだしたので
あわてて下山する 



 
 
三等三角点

 
 
 

 
ここから下山、振り返り見る雄岳 写真では分からないが、雪まじりのみぞれが
 

 
 
一本杉パノラマ台 

 
 
倒木を鉄パイプで支えている、その下に登山道、完全に倒すとまずいの??

 
 
ふるさと公園の階段

 
 
ザックから身体まで全部ずぶ濡れ
、明日もどこか近くへ登ろうかな 
タグ :

きょうの金剛山 <2010.12.26>

 2010-12-26
朝起きたら雨がふっていた
 
金剛山は雪かな?行ってみよう と言う訳で水越峠9時、今日は青崩道から登る
 
 
 
水越峠

 
 
青崩道 砂防ダム(西谷)からの合流点

 
 
 

 
 
 
山頂

 
 
 
山頂広場

 
 
 
山頂下の井戸 横広場 ここで昼飯を食べる
が寒いのですぐ下山する

 
 
 

 
 
 
大日岳

 
 
 
六道の辻

 
 
 
 

 
 
太尾寒跡

 
 
 
太尾寒跡を左折して 太尾根東で下山する このあたりから駐車地まで吹雪になるが
 
千早赤坂村をすぎると、青空 
 でした。
タグ :

金剛山:狼谷~  <2010.12.24>

 2010-12-24
 
久しぶりの?金剛山へ千早赤坂村あたりから雨がポツポツ 嫌やな~と思いながら
 
水越公共駐車場へ天気の良い日は石筆橋の前に停めるが、今日は雨が降っているので少しでも登山口に近い
 
所へ停めた、今日は先日【のぶさん】のブログで紹介があった 狼谷へ行く 金剛山の中ではなかなか
 
スマートなネーミングの谷です、ババ谷、クソマル谷、等に比べ 今日はモミジ谷~狼谷なにか上品ですね~
 
この時点で雨はあがっていますよ。
 
 
 
 
ダイトレからモミジ谷へ

 
 
途中右折れし 狼谷  倒木をくぐったり跨いだり 「倒木があるのは分かっていたので今日はストックは車に置いてきた、ストックはコンパクトにしザックのサイドに入れても倒木をくぐる時邪魔になるので」楽しい登りです

 
 
 
少しだけ水が流れている、滑らないよう気を付けながら谷を登る

 
 
荒れ放題

 
 
 
感じの良い苔むした場所に 「このあたりから水はない」

 
 
落ち葉に苔とすこしの雪

 
 
谷の終わりは右の方への急坂滑る腐葉土の土でつかむものなし、はいつくばって(4駆動)て登るハンパでない登りです

 
 
やっと見覚えのある場所へ登りついた

 
 
 
大日岳のこのすこし下にでました

 
 
山頂に着く頃は天気も良くなっていた
 

 
 
 
帰りダイトレから【白雲岳】ここまでは全部予定通り

 
 
白雲岳から真っすぐ稜線を歩く、気持ちの良い落ち葉を踏みながらの歩き?何かダイトレから段々遠ざかって行く最後は崖のような急坂の下り、登りは何とかなるが下りは怖い、この時点で道を間違えたのに気が付く

 
 
かなり下った所から谷のような所を二か所超へやっと登山道に出る、その道を登る途中のトラロープ
倒木を引っ張っているように、このロープ強いな~

 
 
登る途中にこんなん書いてた どんだけ間違えてんね

 
 
 
無事ダイトレに出た  お約束のパノラマ台からの大和三山

帰り道【 どんづる峰】に寄って帰りました
 
最後まで有難う御座いました。
タグ :

どんづる峯 <2010.12.24>

 2010-12-24

 
金剛山の帰りに行って来ました 
 
奈良と大阪とくに河内方面にお住まいの方は小学生のころの遠足で行った事があると思いますが
 
大人になってからは、ほぼ全員行ってないのでは?
 
この近くを車で通るとき駐車地がありますから立ち寄ってみたら?なかなか良いですよ。
 
 
 
 
夏行った時入口階段の工事をしていたが5~6段だけでした、その他は元のまま

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
奇岩をこえて来ると山頂(ここまで来ないでもじゅうぶん楽しめますよ)

 
 
山頂の東屋(朽ち果てている)ここまで来るのはマニアだけ?昔は遠足で皆さん来ていたと思うが

 
 
 
 
最後に駐車地の近くにある近鉄の陸橋、覚えていますか?ガーネットが出る川 宝石ですよ(やかましいは
 
ばかばかしい事の好きな私の事 来夏は掘るぞ
 出たらブログで報告(でえへんって)
 

 
 
金剛山はこのあとアップします 面白かったですよ。
 
最後までありがとうございました。
タグ :

明神山の標識と地下足袋 <2010.12.20>

 2010-12-22
 
20日(土) この日は春の様に暖かくすこし時間もあったので 何時もの様に明神山へハイキング
 
いつも同じ様な写真になるので 今回は標識をテーマにしました(なんのこっちゃ)
 
 
 
舗装道路(農道)から最初にある 明神山への標識 手作りで味の有る
 標識
国分方面からです

 
 
 
 

 
 
 
関屋地蔵の標識 真っすぐ行けば明神山、右へ行けば近鉄関屋駅

 
 
 
国分寺 毘沙門道 明神山へ向かい左に曲がる、すこし歩くと恐ろしいほどの急坂(竹林の横を下る)
行っても何もないと思うが個人の意見 

 
 
 
唯一展望の良いところ、眼下に国道25号線、大和川、マニアにはたまらない亀の背【まぼろしの旧国鉄のトンネル】 大和川はつい最近まで、汚い全国ワーストワンでしたが最近はすこし綺麗になりツーになったと聞きました橋の上からバケツに紐をつけて川の水を汲んで水質検査をしていた近くにある高校の先生と生徒に教えてもらいました2年ぐらい前ですから今は

??

 
 
ここも?? 寺跡があります、歴史好きな人はいいかも私は行きましたが

 
 
 

下に有る標識を右へ曲がると上の写真の山を通って明神山へ
真っすぐ行けばアスファルトの林道に出明神山へ 今回は直進

 
 
 
 

 
冬イチゴの群生 食べれます
 

 
 
 
 
ここも直進左折どちらでも 今回は左折

 
 
公園の外周遊歩道

 
 
 

 
 
 
 
山頂で地下足袋をはいた男女に逢いました、このあたりで地下足袋は珍しいので(大峯あたりでは当たり前のようですが)

写真良いですかと聞くとOKがでましたがブログに載せる話はしていないので、モザイクで
話によると、男性の地下足袋はエアー地下足袋(岸和田のだんじり祭り等で使用)
女性の方は普通の作業用とのこと(左が男性 右が女性)わかるって
これで歩くと最高に楽だとのこと。
ここには駐車場は無い確実にこのまま電車に乗ると思う 勇気?最高
 
 

 
 
最後に山頂の標識?? いったいどんだけ~

 
さいごまでお付き合い有難うございました。
 

タグ :

♪探しものは何ですか?見つけにくいものですか?<2010.12.18>

 2010-12-20
 

国道166号線からの【高見山】   下山後運送屋さんの敷地から写す
 
 
18日(土) 7時すぎ杉谷に車を停め高見山登山口からスタート、天気はイマイチ曇りです。
 

 
 
 
 
登山口から石段をすこし登ると 伊勢南街道(旧道)

 
 
 
伊勢南街道を登って行くと 雲母曲(きららひじ) 時間も早いので、この看板に書いている天狗岩に行こう
途中に赤いテープもあり進んで行くと谷にでた
それらしき岩を探し谷を右往左往しても見つからないので諦めて谷から藪の中を今来た道へ登る
雲母曲に引き返してきたらザックに着けていた物がない、あの藪の中で木に引っ掛かり落としたのだ
ザックをデポして谷へ探しにいく谷から藪へと30~40分探すがみつからない
探すのに飽きたので引き返し山頂めざし登る。後日いろいろな人のブログをみるが誰ひとり探しあてていない
本当にあるのかな~【天狗岩】

 
 
小峠ここから急登になる、風もすごく嵐のようだ

 
 
 
小峠からすこし登ると樹氷(霧氷?)この区別がつかない自分です

 
 
 
 
風がビュンビュン

 
 
 

 
 
 
山頂に到着 本来なら360度の素晴らしい展望のはずだがガスガスガスで何も見えない
山頂の展望台付き非難小屋 中をのぞくと暗くて良く見えないが入口まで一杯だ
今の時間は10時チョイすぎ飯には早いし、だいいち中にはいれない少し目が暗さになれたのか
奥のほうに何やら知っている人がいてるぞ奥さんと一緒だ、今日高見山に来るのはブログで知っていたが
まさか逢えるとは思っていなかった、相手の方は私の顔を知らない
小屋に入れず風は強いしすぐ下山する。

 
 

       二等三角点
 
山頂の高角神社

 
 
 
 
 
下山途中 まだ時間も早いので 小峠から林道を歩き高見峠へ行ってみようと思い
歩き始めるがすこし行くとアスファルトの車道に出ここから1、4キロとの標識アスファルトを20~30分も歩くのは
嫌なのでユーターンして小峠へ帰ると先ほどの方が下りてくる奥さんを待っているではないか
一応お互いに、こんにちは~と元気よく挨拶(このとき罪悪感、申し訳ないと思うが私は相手を知っているが相手は私の顔は知らない、何か透明人間になったような不思議な心地よさ マスターベーションのような、たとえがおかしいかな?
 
 
雲母曲まで下りてきた よしもう一度探そう天狗岩のほうへ探しに行っているとまたしても後ろから
先ほどのご夫婦が来るではないか今日はよっぽど縁が有るな~と一緒に歩き始める
実はこの方『金剛山愛』のまさ吉さんご夫婦』まさ吉さんですか良くブログ拝見してますよと話しかけると
ヤフーブログやってるんですか良かったらハンドルネーム教えてください訪問しますからと
毎回訪問して頂いていると今更言えない、どうしようヤバー何を言ったか覚えてないが結局名前を言わず
私は探し物をまさ吉さんは天狗岩を諦めわかれた。
 
この場所です 探し物も まさ吉さんも  後日ブログで謝りました 気持ちよく許してくれました。

♪まだまだ探す気ですか?はいつくばってはいつくばって いったい何を探しているのか?
  探すのをやめた時見つかる事もよくある話で
 
結局、探すのをやめたけどみつかりませんでした。
 
 
下山して車で高見峠への途中
ヘリコプターが何か運んでいた

 
 
高見山 見る方向でかなり山容がちがう

 
 
高見峠駐車場

 
 
これを落としました わずか1020円のものですが落とした場所がわかっていると探したくなるのは私だけ?
早速昨日新しく買ってきました

 
このあと大和三山へいって帰りました
タグ :

いのしし対策万全です♪ <2010.12.19>

 2010-12-19
 
今年はいのししに悩まされた家庭菜園でしたが、もう大丈夫ビニールハウスを借りました。
 
 
 
来年【とうもろこし】を植える予定です

 
 

 
 
 

 
 
 
桃の木も借りました、年明けに選定します、近所のプロにアドバイスして頂きます。

 
 
 

 
 
来年は【とうもろこし】も【桃】も沢山出来るかな♪
タグ :

大和三山ハイキング♪ <2010.12.18>

 2010-12-18
 
久しぶりに奈良の大和三山へ行って来ました5月30日以来です
 
超低山で登山口までが疲れますが山頂にはアット言うまに着きます。
 
 
 
 
最初に行ったのは【香具山】ここは綺麗なトイレがある駐車場からスタート

 
 
登山口(ハイキング道)

 
 
こんな感じの登山道

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
山頂

 
 
駐車場からの【香具山】

 
 
次は【耳成山】ここも駐車場がある、麓は綺麗な公園です。駐車場から【耳成山】
春に来た時は池の水も一杯あった。

 
 
登山口(ハイキング道)

 
 
今日は山口神社から登る

 
 
山口神社
       
 
 
 

 
 
山頂

 
 
三角点

 
 
 

 
 
 
 
最後に私のお気に入りの山【畝傍山】ここは駐車場がないので道路脇に1台だけ置ける場所が有ったのでそこからのスタート、住宅街を抜けると公園があるが、やけに寂しい公園です登山道がわからないが
ここってどこ『すくねさん』
その辺どこでも登れるところから登って行こうと、ええかげんな性格が出る(笑)
どこから行っても少し登れば登山道にでるはず?

 
 
 
それらしい道にでた

 
 
はい登山道です

 
 
感じのいい登山道三山の中で一番好きです

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
山頂【畝傍山】

 
 
三角点

 
 
山頂から奈良の街並み

 
 
 

 
 
下山は(畝火山口神社)に下りました

 
 
車を停めた場所からの【畝傍山】

 
 
 
最初は大和三山+三輪山の予定だったが三輪山を最後にしたのが失敗で、三輪山は2時までで受付が終わっていた(涙)そう言えば前回登った時に受付に書いていたう~ん残念
またその内登ろう(この山は山ガールが一杯)。
タグ :

生駒山:枚岡神社~生駒山上遊園地<2010.12.12>

 2010-12-12
 
東大阪市六万寺:らくらくセンターハウスに車を停め、そのまま登山道を休憩所まで登る
 
休憩所を左折(下る)して枚岡神社へ枚岡公園を通り途中【近鉄額田】からの登山道に交わる
 
今日の目的の道だ『ザ金剛山キバラーさん』のブログで【トワイライト ハイキング モンベル】の紹介記事を
 
拝見し、どんな道を夜間歩くのだろうと興味半分来た。本来近鉄額田から登ればいいのだが
 
駐車場がわからないので、ちなみに私が何時停めているセンターハウスは0円だ(せこ~)
 
額田~山頂のコースは良く整備された綺麗な登山道だ、これなら夜間もじゅうぶんあるけそうだが
 
一人では怖くて駄目だろう 
 
枚岡公園から約3キロ登ると生駒山頂だ。
 
遊園地で昼飯を食べ下山は藪道?で暗がり峠へそこから生駒縦走道にて、ぼくらの広場へ登り返す
 
そこから、ドングリの道~石畳の道、あと感じのよい初めて通る道等でセンターハウス駐車場へ下山。
 
 
 
 
 
らくらくセンターハウス ここからスタート 登り

 
 
                    休憩所からの下山道(枚岡神社)

 
 
                                

 
                                 

 
 
                                枚岡梅林

 
 
                                 枚岡神社

 
 
                             この橋を渡る これより登り

 
 
                     滝の奥に砂防ダムがあるのでダムが写らない様に
 

 
 
                               滝の上

 
 
                                

 
 
                           額田展望台?

 
 
                              展望台から

 
 
                                 

 
 
                                

 
 
                          モミジはまだ綺麗

 
 
                    トンネルの上から生駒縦走道をみる

 
 
                        山頂テレビ塔の所へでる

 
 
                          生駒山 一等三角点

 
 
                            生駒山頂遊園地

 
 
                       下山道 (テレビ塔の一番奥)から

 
 
                             暗がり峠

 
 
                        縦走道 登り ぼくらの広場へ

 
 
                                 

 
 
                ぼくらの広場の標識の前  小学生の遠足か?

 
 
 

 
 
                           どんぐりの道??

 
 
 

 
途中から初めての道を下り、此処に出た【水車跡】なかなか面白い道だった。
 
9時スタートで14時駐車地到着、休憩こみで5時間の山歩き 
 
低山も面白いですよ。
  
タグ :

金剛山:石ブテ尾根(南)?~カヤンボ谷<2010.12.10>

 2010-12-10
 
昨日の新聞に金剛山で初冠雪と報じていたので朝から水越峠へ
 
どこから登るか迷ったが石ブテ尾根のすこし南側に沿うようにある急坂に決める(これって何道??)
 
 
 
 
 
                        鉄板の橋を渡り正面の登山口

 
 
この道かなりの急登 (向こうの階段は石ブテ尾根)

 
 
【石ブテ尾根】と合流しすこし登ると【47番ルート】このあたりから雪がすこしある

 
 
【六道の辻】ここで先日のぶさんのブログでみた【カヤンボ谷】に行こうと思いカヤンボ谷へ下る

 
 
下る途中で【葛城山】

 
 
イメージでは隣の【モミジ谷】のように水が流れ滝がある??水はほとんどない涸れた谷だ
途中にある砂防ダムを登る梯子、固定してないのでかなり怖い上からトラロープが垂れ下がっているので
そのロープを引くと一番上の梯子が浮き上がってきた(これって槍の梯子より怖いか)

 
 
この様に水はほとんど流れてない

 
 
 
谷と同化している梯子

 
 

 
 
尾根への取り付き、梯子以外は楽に登れたが、この先凄い急坂がまっていた

 
途中で振り返り撮ったが写真ではよくわからないが物凄く急な道です、落ち葉に中途半端な雪がかかり滑るし
最悪

 
 
へろへろになりやっとここまで登ったもっと上まで行けるようだが
今日は此処まででじゅうぶんここからダイトレへ横移動だがまた道幅が狭い上に草の上に雪が乗って滑る
いつものガ二マタ歩きは出来ないのでゆっくりとモデル歩き(どんな歩きや)でダイトレへ

 
 
やっとダイトレへ出た

 
 
ダイトレの階段

 
 
 

 
 
山頂だいぶ雪も解けている いつからかな?時計がとまっている 今12:30分だが

 
 
下りは青崩道から

 
 
青崩道から西谷の山抜け

タグ :

今週もまた箕面へ行く♪ <2010.12.4>

 2010-12-04
 
先週に続き箕面、今日は阪急箕面駅前
 からスタート昨日の嵐で紅葉も期待していなかったが
 
まだまだ綺麗だった、
 
今日はこのあたりの登山道をあてもなく歩くと言う何の目的もない山歩きです
 
阪急箕面駅から歩いて20分くらいで【滝100選の箕面の滝】がある、この滝100%自然の滝では無いらしい。
 

 
 

 
遊歩道も落ち葉できれい

 
妙見山??

 
今回は五月山は行かずこのあたりを散策する 

 
箕面川ダムで昼飯を食べる


 

 
 

 
 

 
有名なお寺(かなり古くからあるらしい)寺名を忘れた

 
モミジの天ぷらを又買った(すこし油っこいカリントみたいだ)

 
 
約7時間歩いてだいたいこのあたりの道は把握した??次回は『五月山』へ行こう。
タグ :

高尾山創造の森 <2010.12.1>

 2010-12-01
 
 

 
 
午前中に用事が終わったので高尾山へ行く (高尾山と言っても我が街の里山) 
 
私の良く行く里山、高尾山は東京の全国一登山者の多いあの山と山名は同じだが
 
ほとんど人に逢わない静かな良い山です。
 
 
 
比古比売神社(ぬでひこぬでひめ)

 
 
まだまだ綺麗な紅葉

 
このあたりは桜か葉は落ちている

 
 

 

 
 



 
 
                                                                         

 
 
 
この鳥居をくぐり山頂へ

 
 

 
 
ここから山頂までクライミングの岩場(南側には普通の登山道がある)今日はハイキングシューズを履いてきた
登りやすそうな所を探して登るため(登山靴は足首が曲がらないので)

 
 
 

 
 

 
 
これから上は問題ない普通の岩場  【比古大神】

 
 
 
三等三角点

 
 
 
山頂にあるプレート 【おおさか里山歩き】 このプレート私のいくマイナーな山頂には必ずある
どんずる峯のほとんど人の行かない山頂でもみた、それ以外にも方々で、これをみると嬉しくなる。

 
山頂の巨石

 
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 

 
 
 
高尾山の巨石を利用して作られている古墳随所にある(中はけっこう広い)

 
 

 
 
自宅から比古比売神社まで徒歩70分、山頂まで遠回りして行って30分、国道歩きがほとんどだったが
 
紅葉もまあまあ ミニ岩登りもあり??それなりに楽しめた半日でした 
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫