金剛山の秋をさがしに…  <2010.10.31>

 2010-10-31
 
台風一過で青空を期待し、大峯山行の予定が曇りのち雨の予報どうしたものか迷う
 
ダイトレ縦走が中止のため大峯と予定していたが…    金剛山へ行こう
 
と言うわけで今日はモミジ谷の紅葉はどんな感じか見に行く事になった。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
水越峠~ダイトレ林道~モミジ谷~山頂~青崩~水越峠
 
紅葉はまだまだのようだ、途中から雨になったので青崩道で下山(傘をさして歩きやすいので)
 
写真に撮るとイマイチだが実際はもうチョイ綺麗ですが11月下旬が見ごろかな?。
タグ :

御在所岳の紅葉 <2010.10.27>

 2010-10-27
 
御在所岳の紅葉を見に行きました今日は相方と二人です
 
朝早く西名阪に乗り四日市に向け走っていると雨が降りだす、天気予報は晴れのはず東の空もまっ黒
 
それでも天気予報を信じてGO。。。
 
四日市につくと快晴、鈴鹿スカイラインの駐車地へ行くと満車かろうじて(むりやり)止めてスタート
 
今日は相方のトレーニング、どうも岩山が苦手なのでここは岩場もあるし最適かと連れてきたが
 
思ってたよりスムーズに登っていた
 
頂上の紅葉は今が盛り写真を撮りまくり。
 
登り:中登山道
 
下り:裏登山道
 
 

 

岩の上に立ちたいが無理みたい
 

伊勢湾?が綺麗にみえていたが なにこれ?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もクライマーが二人壁に。。。
 

紅葉の取材かヘリコプターが旋回していた
 

裏登山道
 

 
下山するとこのとうり駐車地に溢れた車の列、水越峠より凄いこの先通行止めのため
 
車が通らないのでこれでいいのかな~。
タグ :

やまと花ごよみ2010 <2010.10.26>

 2010-10-26
 
馬見丘陵公園で 
第27回全国都市緑化ならフェア 【やまと花ごよみ2010】 開催期間22,9.18~11.14日
自宅から近いので行って来ました、久しぶりに公園に行くと綺麗になっている
凄く広い公園なので全部見るのに時間がかかる、ごく一部だけ花の写真を見て下さい
実際はもっと綺麗です、花の名前はほとんどわかりませんが(プレートに書いている)綺麗なのはわかる。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
車は隣の竹取公園に置いて行けます、
とにかく綺麗ですよ行く価値はあります一日遊べます。
 
 
タグ :

第4回 生駒チャレンジ登山<2010.10.24>

 2010-10-24
 
チャレンジ登山へ行って来ました、天気予報は昼から雨の予報、カッパとカサをザックに入れて
 
JR高井田駅を朝5時16分の電車に乗るのに4時40分に自宅を出発(JRの駅まで歩いて35分
 
7時前に京阪私市駅に着きスタート地点へ行き7時すぎにスタート。
 
 

 

ほしだ園地 クライミングウォール
 

ほしのブランコ
 

ほしだ園地の展望台、うすく見える山は右から天王山、愛宕山、ポンポン山、枚方の街が良く見える
7人くらいの集団でコースをはずれこんな所に来たがまだ誰も気が付いていない(汗)
これからかなり下りやっと気が付き登り返した、何回もきているので良く知っている道だが先頭が間違うと
同じように付いていった、おかしいな~と思いながら
 
 

飯盛霊園の紅葉
 

 

ポイント2初級 スタート地点より12Km  むろいけ園地
 
 

生駒のゴルフ場の紅葉
 
 

ポイント3中級 スタート地点より23Km  なるかわ園地

 
 

 

 

 

ゴール上級 スタート地点より35Km 高安山、13時26分

 
 主催 大阪府山岳連盟なので記念のTシャツは同じ、2000円くらいでTシャツまでいただき
 
文句は有りませんが、ロゴをワンポイントで小さくしていただいたら着れるのに、派手すぎません?
 
文句と違いますよ。
 

最後まで雨も降らず最高の大会でした、相方は雨の予報にビビり今回は1人で参加。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

金剛山:石ブテ尾根~西谷~尾根<2010.10.22>

 2010-10-22
 
登り:石ブテ尾根~西谷~尾根~大日岳~頂上
 
下り:モミジ谷~ダイトレ
 
 
 

最初は西谷を登る予定で来たが水の音を聞き寒そうやな~ 
 
予定変更石ブテ尾根を登ろう 
 
 

 

 

 

急坂を登り47番ルートを過ぎ尾根に出る少し手前を西谷へ下る
 
ここを下ると谷の水も少なく濡れないので(今日は濡れたら寒そうなので、私、軟弱です)
 
 

 

西谷、最後の滝の少し上
 

 

セトへの分岐

セトへの分岐の少し先をまた石ブテ尾根へ登る途中に白いキノコが一杯
 
 

石ブテ尾根に出た、このまま大日岳へ
 
 

大日岳の楓?モミジ?2~3週後に綺麗になるかな
 
 

 

売店まえの楓?けっこう綺麗

 

金剛山転法輪寺の裏から モミジ谷へ下る
 

谷までの急坂、紅葉も11月の中旬くらいかな綺麗になるのは

 

谷の合流地点
 

 

 

ダイトレの谷も紅葉がそれなりに綺麗ですよ、まだ早いですが
 
登ったり下ったりしたが、そんなに歩いていないようだ。 
タグ :

白銀峰再度挑戦するも登頂できず<2010.10.19>

 2010-10-19
 
午後から時間があったので以前途中で諦めた白銀峰へ再び登る
 
今回は【連れの連れ】さんに送って頂いた地図を持参何とか行けそうなきがする
 
途中までは順調そのもの
 
関電道をアップダウン(これが案外急坂)をくり返しながら谷に下りて歩いていると前方から唸り声を発しながら
 
猪が向かってくる、1m位まで来たので持っていたストックで地面を叩くが猪は戦闘態勢のまま唸り声を出してい
 
る、このまま逃げたら後ろから突進されそうで逃げれない、ストックで鼻のあたりを突こうと思うが
 
逆に怒るかと迷う(案外冷静でいられたのは中型で牙もない大型犬位の猪だったから負けそうになかったので)
 
それでも猪に噛まれたらカッコ悪いからゆっくり後ずさりしながら離れた、猪はこちらを見ているが声を出さなく
 
なった猪にしたら自分の縄張りを荒らされたくなかったのだろう
 
この関電道ほとんど人は通らない道でどこの関電道でもプラスチックの階段ぼろぼろだが、ここは新品のように
 
綺麗だ古いので土や苔で汚くなっているが欠けとか何もないその位誰も通らない道だ
 
猪が動かないので前へ進めない、腹這いになって向かって来たのはどうしてだろう猪は立って突進すると思うが
 
白銀峰とは二上山でまだ未踏の峰でここでほぼ全山制覇?
 
ちなみに標高308mこの低山で2回失敗したが、道はほぼわかったので次回は成功すると思うが?。
 
【連れの連れ】さん あの地図で行けそうです有難う御座いました。
 
しかし猪のおとなしくなるのは何月ごろかな~
 
 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは明るくまあまあの道この階段を下りると薄暗くなる、にらみあいの後記念の写真を撮ったが
 
すこし遠すぎでよくわからない、至近距離では撮れなかった(笑)
 

 

タグ :

和佐又~大普賢岳:反時計回り周回コース<2010.10.18>

 2010-10-18
 
初めての山なので遅くとも14時までには下山したいので
 
朝早く、和佐又ヒュッテに着く小屋の前に車を置き登山届をだしてスタート6:45
 

 

岩の下が何やら洞窟になった所、下より上の紅葉が気になり。。。
 

 

このような梯子と言うか階段や鎖があり安心して登れる
 

 

 

稲村岳?大日山?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日一番の感激ほとんど何があるか調べず地図だけは頭に叩き込んで来たので
無双洞これを見て来て良かったと思った、1時間近く遊んだ。
 

 
 
 
 
 

 

案外早く下山出来たので和佐又山へ登り昼飯を食べる
 
ここまで朝から誰とも逢っていない、ウイークデーだがこんな良い山を貸切状態
 
天気は良いし汗が出るので半そで、紅葉も見れたし、滝もあったし
 
大峯はあまり知らないがこう言う良い山が一杯ありそうだ。
 
 
タグ :

犬鳴山~和泉葛城山<2010.10.16>

 2010-10-16
 
登り:犬鳴山バス亭~五本松~和泉葛城山
 
下り:和泉葛城山~五本松~高城山(道に迷い、府立少年自然の家の展望台~貝塚市の東手川?
   麓に着いたら貝塚なので登り返す~五本松~高城山(2回目は迷わず、汗)コッキ谷~犬鳴山バス亭
 
 
 
 
 

 

 

ここまではアスファルトの林道、これから山の中の登山道
 
 

 

五本松からは紀泉高原スカイラインを歩いて和泉葛城山へ
 
 

和泉葛城山の展望台
 
 

展望台から関西国際空港
 
 

和歌山 かつらぎ町?
 
 

和泉葛城山 頂上

 

 
 

高原スカイラインで見つけた  アサギマダラ
 
 

五本松を通りこして高城山へ
 
 
高城山への途中道に迷いこんな所へ出た(太尾?を通ったのかな)

途中で迷ったのは分かったが、犬鳴の近くに下山出来るだろうと思い、ここを尚下る

ここまで下りて、とんでもない所ときずく貝塚市や、今日は地図もコンパスも持ってないので如何してこんな所へ下りたのか理解に苦しむ
帰って地図を見ると東手川の林道のようだ、この看板の近くに地図があり見ると五本松まで登り返さないと駄目なようだ
 
 

迷った所へ再度来たこの分岐を先ほどは右へ行って迷ったので今度は左へ先ほど左へ行くと30mほどで
アスファルトの林道に出たので引き返し右に行ったが、やはり林道を少し下ると高城山への登山道があった
 
 

やっと着いた、高城山もうグッタリ、ここからの下りは コッキ谷を行く
 
 

犬鳴山へ下りてきたら、体格のいいカッコ良い方が立っていたので。
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

生駒山いこいこまっぷでハイキング<2010.10.13>

 2010-10-13
 
生駒山系ハイキングガイド24コース
 
最近はこのマップを参考に歩いています、車で行くのでかなりアレンジしてますが
 
今日は10kmコースですから、私は車の所へ帰らなくてはいけないので、約17Km位かな
 
 

 

六万寺から
 

鳴川峠これより生駒縦走道を南へ
 

生駒縦走道 自然林で緩いアップダウンのある気持ちの良い道(別名竜の道)
 

 

あれっ鐘の鳴る展望台?だったかな

 
 
 
 

十三塚  直径6mの塚
 
十三峠から水呑地蔵へ下る、地蔵堂の傍には清水が湧いており、弘法水として名高い

縦走道からだいぶ下った、歩きに来ているのに下っただけ登り返すのが嫌なのは何故だ
修行がたらないのか(笑)
 
 

水呑地蔵から縦走路に登り返しの途中にある みずのみ園地、芝生展望台
 
 

生駒縦走道
 
 
 

『自由の森なるかわ』 アスレチック、遊戯、バンガロー、テント、色々あるが利用している気配がない
メイン道路に滑り止めタイルを貼っているが、苔で滑り歩くのが怖い
バブルの時に作ったのか?

 

上に見えるテントが20張りある
この夏も使用してないのでは?
 

道路沿いにある、キノコのお家(休憩所?)アチコチにあるが、子供はあまり来ない
おっさん、おばはん、には キノコのお家はいらないと思うが?
色々あるがこの位にしておこう、嫌われそう(もう嫌われているか、笑)
 
 

暗がり峠への分岐手前
 
 

ぼくらの広場
 

水車小屋跡
 
 

駐車場の近く、今日もモヤで良く見えない大阪の街
 
生駒はほぼ自然林で登山道も整備されて良いハイキングコースが一杯あり楽しいですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

金剛山:紅葉祭り <2010.10.11>

 2010-10-11
 
登り:水越峠~青崩道
 
下山:頂上~ダイトレ
 
水越峠~青崩~頂上~ダイトレと相変わらずのコース、今日はトレーニング用登山靴を履いている
 
トレーニング用登山靴=ヤフーオークションで買った片足1115グラムの厳冬期対応のオールラウンドモデル
                難度の高いアイスクライミングなどに幅広く対応します、こんな靴どこで履くのか
                良く調べず買ったが、重いのもそうだが、足首が曲がらないので疲れることこの上なし
 
 
 

 

 

美味しそうなキノコ  なかなか綺麗だが食べれるのかな?
 
 

 

紅葉祭りのため広場は人であふれている、人のいなくなるのを待っていたが次から次と看板の前へ
 
 

 

12時ごろ下山
 

ダイトレ、パノラマ台から大和三山(奈良)
 
 

水越峠へ早く着いたので、千早赤坂村の棚田に行く (棚田100選)
 
それほど歩いていないが足がだるいトレーニング成功か。
 
あっそれから知人に紅葉祭りの弁当の券をいただき、綺麗な弁当を食べた。
 
タグ :

二上山の環状線 <2010.10.10>

 2010-10-10
今日は、国道165号線大和高田バイパス香芝配水タンク横から(タンクの横に7台位置ける
あり)
 
 
 
 
                                                                                                            
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第一パノラマ台まで登りここでユーターン来た道を下る(向こうに見えるのは穴虫)
 

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カラス岳、鉄塔の向こうだと思うが道がないので(草木をかきわけて行くほどの所ではないようだ)
ここまでは倒木を何回もくぐり来た荒れた道だ
 

    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パノラマ台から下りてほぼフラットな道所々階段が有るが登ると下りが有り
一向に高度が上がらない、この道は香芝~万葉の森までの環状道路だ
 

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
交差点真っすぐ行けば、万葉の森駐車場、その手前を登れば、どんずる 峯、
左へ登れば馬の背、今日は馬の背へ行く
 
 

    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
馬の背大阪側から登って来た、これを横切り裕泉寺へ下る
その前に今日は休日なので売店が開いている、この前、釜戸やウスとキネを見せてもらったのに買わなかった
『力もち』を買った

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一個100円、粒あんが入ったよもぎ餅だ、柔らかく美味しかった
 
 

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
裕泉寺の横の石塔の横を登る、二上山のザイテングラ―ト(勝手につけている、勝手と言えば環状線も自分が
勝手に言ってる)この道お気に入りの一つだ
 

 
 

 

だいぶ涼しくなったのと二上山だからとジーンズと綿のシャツで来たが、汗でビショビショ登りで足が上がらない
パンツが汗でサッパリ、やはりパンツは登山用でないと駄目なよう
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩場は快適だがその前後は急登でかなりキツイ
 

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雌岳三角点
 

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紅葉はまだまだ(売店上)
 
 

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
馬の背~雄岳の中間にある登山道これを下ると、ふるさと公園階段上
 
 

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一本杉パノラマ台のすこし上を北へ行く 鳶塚へいくため、途中靴の底が綺麗に剥がれていた、この道はほとんど人が通らない道だ、靴底なしで登ったのかなぁ、予備の靴ひもを持って無かったかのか?
靴底はどこで剥がれるか分からないので靴ひもの予備があればそれでくくれば何とかなるのに
 

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クズの花
 

 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うしろは雄岳、いちど下っているので鳶塚までかなりの登り
 
 
 

    
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃屋こんな寂しい所に住んでいたの?ふとん、なべ、やかん、などが散らばっていた
 
 

    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここへ下りてくる ふるさと公園の北端 
 
 
 

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大和高田バイパス沿いにある配水タンク、タンクの横に駐車場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

金剛山+葛城山 <2010.10.8>

 2010-10-08
 
金剛山:登り水越峠
中尾の背
大日岳
頂上
 
     下山
ガンドガコバコース
ダイトレ林道
 
葛城山:登り水越峠ダイヤモンドトレイル
頂上
 
     下山
天狗谷
水越峠
 
 

砂防ダム横で、あけび
 

 

東谷、丸滝の分岐 正面東谷トラロープがなかった、今日は東谷と丸滝の尾根道(中尾の背)を登る
 

登り始めは物凄い急坂、途中緩い登りがあるが全体に急登だ
 

東谷、中尾の背、丸滝の合流地点
 

大日岳、天気が良いと大峯の山々が良く見えるが今日は駄目だ
 

大日岳から青崩へ下りる、工事が終わっていると思われる、時計台の下の登山道
ペンキ塗りたての最終段階だ
 

微妙な距離感(ヒラメみたい)
 

太尾塞跡 左へ行けば、東、西、太尾根、真っすぐガンドガコバルート
 

ガンドガコバからの葛城山
 

アサギマダラ
 

水越峠これから葛城山への登り。標識の下のテレビ2台だいぶ前から気になっている
金剛山も葛城山も好きな山だが、ほとんどの人はこんな馬鹿なことはしないが一部の人の行為で
折角の登山が台無しになる。。。。。気をとりなおして葛城山へ
 

 

ツツジ園からの金剛山、ここからの金剛山は最高(いまはススキが一杯)
 

 

三角点、ここまで4時間、まさ吉さんは4時間でダブル+α、怪物(健脚)そのものだ
私なら6時間位だろうと思っていたが、確実に7時間はかかるだろう
 

この少し下にスズメ蜂の巣がある、注意の看板が木は勿論道路上にもあった、実際ハチが飛んでいた
刺激しないよう静かに通り過ぎた
 

もう少しで水越峠。
 
 
 
 
 
 
タグ :

御在所岳:国見岳 <2010.10.5>

 2010-10-05
 
三重県 御在所岳
滋賀と三重の県境に位置する、鈴鹿山系の主峰。

 

 
東名阪:四日市インター~国道477~湯の山温泉~鈴鹿スカイライン
 
鈴鹿スカイラインは全面通行止めだが、蒼滝トンネルの先までは通行できる、通行止めの手前に車を止め
 
50mほど歩き、中登山道を登る。(通行止めだが人は通してくれる)
 

 

最初は岩の間の窪みを歩く
 

20~30分歩くと岩場になる
 

 

岩場にはマーキングをしているので迷わない、正面の山が御在所岳
 

 

 

この登山道を登りながら何処かに似ているなぁと思った、何年か前、木曽駒~空木に縦走した時の
 
木曽殿山荘から空木岳(2863m)の登りにそっくりだ、標高こそ違うが登りごたえの有る登山道だ
 
 
 

 

湯の山温泉~ロープウエイ
 

観光客はロープウエイからリフトに乗り換え正面の頂上へ行っている、歩いても10分そこそこだが
 

 

頂上から御嶽神社への途中にあるケルンここで昼飯を食べる
 

御嶽神社   がん封じ と書いているのでさい銭を入れ、ドラを叩いた
 

下山は裏登山道、国見峠まで下山、折角だから国見岳へ登る(国見岳)
 

国見岳の途中 (岩門)だったかな?
 

 

国見岳から
 

ロックガーデンにクライマーが一人(見えにくいかな)白いシャツを着ている
 

災害でかなり荒れているが、マーキングやケルンがあるので大丈夫だ
 

藤内小屋、災害の後がまだ完全になってないようだ、営業はしている
 

川を右へ左へ渡りながらの下山
 

裏登山道を下りてきた、ここから50mほど下ると鈴鹿スカイライン
 

裏登山道から1000mほど登ると駐車地(蒼滝トンネル)
 

正面の赤い看板が通行止め、車もほぼ満車だ、大阪から2時間でこんな岩山があるとは、次は相方を連れて
 
こよう、岩山歩きのトレーニングに最適な所だ、登りも下りも大満足の一日だった。
 
最後にロープウエイ乗り場の上にある展望台の看板に書いていたのは本当かな~
 
こう書いていたが、日本アルプス、立山、薬師岳、水晶岳、鷲羽岳、穂高連峰、100名山が勢揃い天気が良け
 
れば見えるのかな。
 
 
 
 
 
 
タグ :

金剛山+二上山 <2010.10.1>

 2010-10-01
金剛山
 
登り:水越峠~太尾根西
 
下山:石ブテ尾根
 
二上山
 
登り:万葉の森駐車場~鹿谷寺跡コース
 
下山:駐車場直下コース
 

              太尾根西は東にくらべ薄暗い、西側だから当然と言えば当然だが
 

              太尾塞跡(ふとおさいあと)と読むらしい、金剛山愛のまさ吉さんに聞いた。
 

       広場上のベンチで久しぶりにジェットボイルでお湯を沸かしてコーヒーを飲む。
 

 

              工事現場だいぶ出来ていたようだ、今日は天気が良いのに工事はしてなかった。
 

              金剛山好きな道ベストファイブ位に入る、石ブテ尾根、自然林が多いし
       ミニ縦走気分になれる、緩いアップダウンの尾根道。
 

             47番ルートの分岐、47番は登りの方が良い下りは怖い(足の爪)笑
 

              石ブテ尾根唯一人の手が入った所(梯子)
 

 
 
           石ブテ尾根と西谷分岐点の滝を上から取りました。
 
このすぐ下でご夫婦に出会った、青崩への階段の所で少し登ったがキツイので下りて私が下山して来た方が
 
楽そうな道だから行こうと思うがどうですか?と聞いてきた、その階段がキツイのならとても石ブテ尾根は無理で
 
すよ、階段を登ったら青崩道に出るので左へ行けば金剛山ですと言うと青崩道って何ですか?と、
 
説明すると、トイレの上に有った道はしんどそうなのでセメントの林道を来たらしい、階段がしんどいので
 
石ブテ尾根、だんだんキツイ方へ行っている、奥さんは汗をかきタンクトップになっている
 
無事金剛山に行ったか心配だ。
 
少し早く下山したので帰り道二上山へ行こう、大阪側の万葉の森駐車場へGO.
 

              鹿谷寺跡コース
 

 

             途中の展望台 自然の岩が階段状になっている。
 

              展望台から西側の太子町、羽曳野市か?。
 

       展望台東側 二上山雌岳
 

              展望台下の鹿谷寺跡
 

             岩の登山道に自然林。
 

 

              雌岳の日時計。
 

              途中の展望台はこの山の頂上。
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫