生駒山の三角点はSL機関車の横<2010.8.30>

 2010-08-30
 
六万寺から生駒山へ
 
 

 

葛城山&金剛山 肉眼では良く見えたが
 

ぼくらの広場から花園ラグビー場
 

いちど暗がり峠まで下る
 

みえますか?道路を歩いているハイカー『男』です
この道路は【信貴生駒スカイライン】有料道路です、右側のガードレールの横が登山道です
生駒山上まで3回ほど道路の側を通りますが、当然ですが道路には入ったらだめです。
信貴山の方へ歩いてました
 

この様にすぐ藪の中へ入りますが、いままで道路を歩いていた奴は始めて見ました。
 

生駒山と言えばテレビ塔、代表でNHKです、NHKと言えば言いたいことが山程あるが>>>>
 

生駒山上遊園地、夏休みなので子供が少し居てましたが見えないですね
 

三角点はSLの向こうです、係員に言うと気持ちよく中へ入れてくれます

SL はお客さん待ちで動いていません、レールをまたいで行くように指示されました
三角点は遊園地の中に有るとは知っていましたが、まさか幼児用機関車が三角点の周りを回っているとは
 

一応遊園地にお客さんが居てるところを、上を回っている遊戯にも子供が乗っていますよ
向こうの方にも3~4人居てますね。
 

さあ昼飯も食べたし三角点も見たし帰ろう
 

帰り道にあった『別石十三仏』
 

今日も良く遠くまで見えましたよ(肉眼では)南大阪方面
 

 

 

 

どうした
 肉眼では良く見えた明石海峡大橋
 
往復5時間遠回りして駐車場まで帰る。
 
 
 
 
 
 
タグ :

今日の金剛山 <2010.8.28>

 2010-08-28
 
週一回の相方との山登りと言えば
 
青崩~頂上~ロープウエイ駅前~ちはや園地~ダイトレ~水越峠これが定番
 
 

 

 

 

この前の椅子で昼飯を食べる、この近くで知っている人に合うが相手は知らないので
そのまま通りすぎる(動画?に夢中のようだ) (笑)
 
 
 

昼飯の後展望台へ行く、今日はかなり良く見える大峯もバッチリ(写真はイマイチ)
 

展望台から下を見ると栗が一杯もう秋です
 
 

関空の方だと思う、一周間位前からカメラが違うが近くの花は相変わらずピンボケ
遠景は少しましかと思うが、基本的には腕が悪いのかな~
 
 

 

ダイトレのパノラマ台からの奈良
 

遠景もイマイチか霞んでいるが六甲山
かなり涼しくなって、汗もあまり流さず快適に歩けた。
 
 
 
 
 
タグ :

二上山から葛城山往復 <2010.8.26>

 2010-08-26
ダイトレを二上山~葛城山ピストン
 
今回は二上山万葉の森をダイトレに行かず、春のチャレンジ登山で使う林道から行く
 
本来竹之内街道を峠の茶屋の方え登るが、この道は大型トラックがビュンビュン通り怖い
 
その為釣り堀の前を横切り林道を行く。  (峠の茶屋、新しく営業していた)
 
 

釣り堀の前から林道にはいる
 
 

林道に入ってすぐ緩いカーブの所でこれって昔テレビで見た現象だ、ガードレールに助手席側のドアが取られている、相当スピードを出していたのかな
 
 

池の横を通る
 
 

ダイトレに合流する
 
 

けっこう見晴らしが良かった
 
 

 

岩橋山のプレートと三角点
 
 

 

何かの鉄塔を建ていた3人登って作業をしているので何の塔ですかと聞くと、なにやら警察屋さんの無線用の
ようだ、もう少しで葛城山
 
 

 

このナンバンキセルもう葛城山には無いと皆さんお思いでしょうが、あるんです、秘密の場所に
ススキをかき分け蛇にも負けず行くと有りますよ
 
 

一番好きな場所で昼飯ここからの金剛山何回みても良いですよ、
私、帽子をかぶってますが何か?
 
 

見晴らし台で昼飯を食べ下を見ると、吾亦紅が咲いている(お約束のピンボケ)もう秋です
何かあるとすぐ鼻歌を歌う私です、吾亦紅を見歌おうと思うが、歌詞メロデー共にスコーンと忘れている
2~3年前の歌と思うが、【吾亦紅と言う歌】昔の歌はすぐ出るのに
昔と言えばビートルズ、ローリングストーンズなどに夢中になり演歌など聞かなかったが、今では
美空ひばり、北島三郎、いいですね~ 最近はユーチューブで美空ひばりの『無法松の一生』毎日聞いています
 
 

登り返しの『岩橋山』への階段帰りのここはこたえます
 
 

帰りは正規のダイトレルートで竹之内へ、新ダイトレは前の竹之内街道を左へ行くと釣り堀へ
旧ダイトレは車の向こうの道を登る標識も何もないがここを登ろう
 
 

崩れないようにワイヤーで補強している
 
 

岩屋峠に出る右へ行けば裕泉寺、左は万葉の森(釣り堀)へ
 
                                         おわり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

猪ですかアライグマですかそれとも?

 2010-08-25
 
久しぶりに家庭菜園の話題
 
最近畑が動物にあらされます。
 
(1)トウモロコシ:全滅(カラス対策のためネットはしていたがネットを破りはいる)
 
(2)マクワウリ:全滅(ネットを破り)
 
(3)さつまいも:90%アウト
 
なぜか、えだまめ:きゅうり:なす:ピーマンその他にはあまり被害なし
 
ここ最近(だいぶ前から)きゅうり:なすは食卓の主役です、実は私きゅうりはあまり好きではありません
 
なすは好きですが毎日は?色々考へて料理を作っているようだが、なすは、なすです。
 
 

左側の簡易ハウスの中に植えていたトウモロコシ今は無い
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さつまいも:ネットを持ちあげ掘っている、ブルーのネットも掘っている猪かな~
 
 

草でいっぱいの畑、すこし涼しくなったら草を刈って、ジャガイモと玉葱を植える予定
草刈り機はホームセンターで中国製の特価品を買っている。
タグ :

金剛山涼しくて楽々コース <2010.8.24>

 2010-08-24
 
久しぶりに4人で金剛山へ登りました
 
出来るだけ涼しくて楽そうなコースを選び
 
登り: 念仏坂~寺谷~頂上
 
下山: ちはや園地~念仏坂
 
 
 

ここから登るすこし歩くと涼しい風が気持ちよい
 
 

 

 

以前はこんなに上まで水は無かったと思うが、かなり上まで水があった
 
 

 

 

 

頂上広場で昼飯を食べ、ちはや園地に行く途中に葛城神社に寄る
 
 

 

奥の建物今日は、星のなんとかミュージアム火曜日なのになぜか開いていた
 
 

ミュージアムからキャンプ場を通り下山
 

 

 

 

 

頂上のデジタル温度計で24度でかなり涼しくかんじました。
                          
                                                    おわり。
 
 
 
 
 
 
タグ :

明神山【王寺町】 <2010.8.22>

 2010-08-22
 
今日は山の予定がないので、さんぱつ屋さんへ行く (1100円)
 
行く途中前方から約20人くらいのハイカーが来る、ここは近鉄国分駅かJR高井田駅~明神山~JR王寺駅
 
までのハイキングコースがあり、秋からはけっこう人気のコースですが夏はほとんど誰もあるいていない
 
私はよく行くが、誰も歩いていないので蜘蛛の巣をかき分けながらだ
 
20人行けば蜘蛛の巣はなく快適に歩けるよし、さんぱつの後明神山へ行こう
 
それから、さんぱつを済ませ自宅に約30分後帰り明神山へスタート(1100円のさんぱつ屋さんは福屋工務店
 
並みに仕事が早い)
 
明神山の半分くらい歩いた所で先ほどのグループ休憩している、
 
えぇ~~この先蜘蛛の巣か~その先いつもの様に蜘蛛の巣をかき分けながら歩いたのは言うもでもない
 
グループで一人でも遅い人がいれば全体が遅くなるから仕方ないが、おそすぎやな~とボヤキながら行く
 
その中に知っている人がいた。
 
 

 
 

この後グループに追いつく
 
 

 

明神山相変わらず霞み景色はイマイチ、写真を撮ってすぐ帰る
 
 

さきほどのグループとすれちがう後から写真を撮らしてもらった、グループ2組に分かれている
2組目のグループにどこかで見た顔がいる、相手の人は最初に追い抜いた時分かっていたようで
名前を呼ばれる色々話しをしお元気でと別れた、
相手の名前は忘れたのでなく、顔は知っていたが名前も知らないし話したこともないが顔はよく知っていた。
時間がなかったので写真だけ撮ったもちろん無断ですので、モザイクで
 

私よりすこし年上だと思うが完全にそれなりの格好をしていたのでまた何処かで逢うかも
 
今日の教訓 人のふんどしで相撲をとるな。
顔から頭まで蜘蛛の巣だらけになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

岩湧山~南葛城山ピストン <2010.8.21>

 2010-08-21
 
朝方雷と雨で目を覚ました、今日は岩湧山へ行く予定だが大丈夫か天気予報を見ると、晴れだ
 
よし行けると準備をしていると、
 
雨もやんできた、ザックにお茶や水を入れていると横から相方が岩湧山へ何泊で行くのと聞く
 
いつも2リッター持って行くが帰るまでに全部飲むので今日は3.5リッター、ザックに入れた
 
相方に冷やかされながら家を出る。
 

スタートは岩湧寺の駐車場        行者の滝
 
 
 

                                                  岩湧寺
 
 
 

                            ここから登る    きゅうざかの道
 
 
 

岩湧山の頂上だがガスで景色はイマイチ
これから南葛城山へのピストン、昼ごろにもう一度ここへ戻る予定
 
 
 

                      ダイトレ 五ツ辻
 
 
 

ここからダイトレを外れ 南葛城山この山へ行くのは初めてだ
 
 
 

 

 

                                  
 

一本杉(鏡の宿)
右にある説明によると、この祠には弘法大師がインドから呼んだ水神(善女竜王)が祀られていて
水不足の際にはここで雨乞いの儀式を行うのだそうです
 
 


 
 
 
南葛城山の頂上だが写真のとうり何もない、丸太の椅子とテーブル?だけ、草の広場のようだ
ここまで誰ひとり逢っていない、何かわかるような気がする
写真を撮ってすぐ立ち去る
 
 
 

南葛城山から岩湧山へ折り返す途中今日はじめて人に合った
どこから登って来たのか聞くと、二上山から来た言う、(いま午前11時15分)
へぇ~早いと思い何時から登ったか聞くと、12時間歩いていると、なんと昨夜の11時すぎから
歩いているらしい2人とはいえ夜、しかも朝方の雷と雨
久しぶりに元気な若者に逢い、今日の登山あの南葛城山の何もない頂上
気分が滅入っていたが、この2人に会いこちらまで元気をもらったような
すがすがしい気持ちになった、名前を聞くのは忘れたが、またどこかの山で逢ったら
声をかけてね(写真にモザイクをしなくていいと了解してもらった、もうすこしアップで撮ったら良かった)
今から滝畑ダムへ下山すると言っていた、お疲れさんでした 
 
 
 

今日2度目の岩湧山
 

 
 

朝登った同じ道で下山
 
 

四季彩館すぐ下が駐車場
今日の登山の収穫は元気な若者に逢ったことかな。
               
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

金剛山:水越峠~カトラ谷 <2010.8.19>

 2010-08-19
 
登り:青崩~セト~黒栂谷~カトラ谷~頂上
 
頂上~ロープウエイ駅経由ちはや園地~ダイトレ~一等三角点~頂上
 
下山:六道の辻経由、石ブテ尾根~水越峠
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
水越峠
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セトをいちど下る
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトラ谷
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニリンソウの時期は賑わうお花畑だがいまは何もない
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうすぐ頂上
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちはや園地
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金剛山には300回以上登っているが、なぜか一等三角点にはあまり行かない、過去2~3回位その付近で
カタクリの花を見に行ったが、三角点など良く見ていなかったので、
今日は写真を撮ってきた、正式名は【湧出岳】のようです。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下山は石ブテ尾根、西側は植林だが道をはさんで東側は自然林の気持ち良い道だ
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
47番ルートを下るか、どうしょうか迷うがこの道あまりにも急坂で道の脇は何もないので
すこし下った所の石ブテ尾根にする、同じように急坂だが脇に木があるので、つかまりながら下れるから。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頂上はガスで景色などはだめだったが、風が気持ちよかった(もう秋の風だ)
石ブテ尾根から下山し西谷の水で顔を洗った(飲めないが顔を洗うと気持ちいいですよ)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

『星のブランコ』~交野山 <2010.8.17>

 2010-08-17
 
生駒山系で最後に残っていた、交野山へ
 
これで生駒山系の山は全部登った事になる、スタート地点は【ほしだ園地】からの予定で来てみれば
 
火曜日休みです、車が入れません車の置けるところを探し置くが物凄く遠い。
 
 

ほしだ園地の【クライミングウォール】
 
 
 

このくらい遠いとモザイクなしでいけそう、頭は全然気にしてないが気が付いたら帽子を
被っていた、事にしておこう。 【星のブランコ】
 

 
 
 

 
 
 

交野山のすこし手前涼しいので、ここで昼飯タイム
 
 
 

 
 

 
 
 

この鳥居をくぐって行く、少し行くとまた鳥居がある
 
 

交野山 頂上 おおきな岩です
 
 

 
 

頂上の岩の上から枚方市内
 

高槻方面かな
見晴らしは最高の山です。天気がよければ愛宕山、ポンポン山など見えるそうです。
10月から泉南方面を登ります最初に登る山は決めています、爼石山です。
 
 
 
 
 
タグ :

河内飯盛山 <2010.8.15>

 2010-08-15
 
私のブログタイトルは『大阪50山』を全部登ろうと思い【大阪近郊の山登り】とつけましたが
 
まだ今日の飯盛山で17山目です。
 
とくに北摂:泉南、方面はあまり登っていません、登山口までの時間が長いので、2~3時間かけて
 
標高300~600mの山は中々進みません、それだけかければ大峯の方にいきますが
 
足腰が弱っても登れそうな山ばかりなので、時間をかけても必ず登ります。
 
17番目の河内飯盛山は四条畷にあり、清滝街道の途中北へ行けば車を置ける駐車場があります。
 
むろいけ園地水辺自然園駐車場に車を置きスタート。
 
 
 
 

 

             蟹ヶ坂ハイキングコースで四条畷神社のほうへ一度下る
 
 

             滝谷楠水の水の横を登る
 
 

              飯盛山下にある楠公寺
 
 

             飯盛山 山頂の小楠公像
 
 

             頂上から大東市、高速道路は京慈バイパス?
 
 

             権現滝の前の護摩道で月一度のお祭りをしていた
 
 

             権現の滝
 
 

             むろいけ園地の室池、かるがも橋から
 
       公園を歩き駐車場へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

金剛山:丸滝谷をゆく 【2010.8.13】

 2010-08-13
 
丸滝を知ったのは 『関西ハイキング2008』 山と渓谷社だ。
 
滝、滝、滝のフォオール・パラダイス  金剛山の秘境、丸滝谷をゆく
 
       加藤芳樹=文
 
(一部抜粋)
金剛山を中心に活動する金剛山剛友会の根来名誉会長、田中副会長、そして女性会員5人を交えたパーテーで歩いた。、、、、、
登ること10分ほどで、最初の滝が見えてきた。このあとも5つ6つ小滝が連続して現れる。
階段状になった滝の横の濡れた岩を登っていく。無理に滝を避けて歩くよりは、少々濡れるのを覚悟して、水の流れている場所を一歩一歩確実に歩を進めたほうが滑りにくい。金剛山といえば頂上部を除いて一面植林という
イメージがあるが、谷筋は自然林が残っている場所が多く、快適に歩ける。
いろいろと頭の中のページを繰ってみるが、沢登りではなく、登山靴でこんなに滝の連続する中を歩いた記憶が
ない。大水が出ることもあるだろうが、根来さんの話によれば大体これくらいが平水のようなので、だとすれば、この丸滝谷、水量といい、滝の規模といい、絶妙のバランスを保っているといえる。登山靴で歩けるギリギリの
線を計ったようにキープしている。
とはいえ、初心者には、フエルト底の沢用シューズのほうがより安全であることはたしかだろう。
 

 

 

 
まえおきはこのくらいで
 
今日はイワタバコを探しに丸滝に行きました、ほかの人のブログで咲いているのをみ今なら見れると思い
 
いままでなぜか8月は忙しく金剛山に中々行けなかったが、
 
 

 

 

 

上の本によれば、丸滝。信楽焼きのタヌキの突き出したおなかのようでどことなくユーモラス
この下の丸滝がこの谷の名前の由来となったそうです。
すこし奥にあるので見落としそうですが。
 

 

 

             おめあてのイワタバコ
 

             すこしピンボケですが
 

              大日岳に咲いていたオニユリ
 

              ダイトレの林道に咲いていた???
 

             ダイトレの林道に咲いていた、へクソカズラ
 

             水越公共駐車場前に咲いていた、ヒルガオ
 
 
『箒の柄』さん 日本語に訳しました、
新聞で見ましたが、とんだ災難で貴殿個人の電話番号を知りません、私の番号は皆さん知っていると
思います、このブログ貴殿は見ている可能性があるので、
ここへ投稿でも、電話でもどちらでも良いので連絡下さい。
 
 
 
 
タグ :

北岳に咲いてたお花 【PATⅡ】<2010.8.4~5>

 2010-08-12
 
PATⅠは
 です
 
 

                    シャクナゲの実
 

                    シナノキンバイ
 

                    ウルップソウ
 

                    オダマキ
 
つぎの2点は肩の小屋の前に有るお花畑(小屋の管理)半分人工です
キタダケソウがありましたが、この花は7月の梅雨時期に雨の合間に見に行く花だと思いますが
聞くところによると、遅くまで雪をかけ開花を遅らせているそうですが定かではありません。
だから登山道には咲いていません、 なぜか黒ユリも有りましたがこれは今の花ですが、登山道には
咲いていません。

                    キタダケソウ (正面の一輪)
 

                    黒ユリ
 
これからまた自然に登山道に咲いています。

                    わかりません
 

                    わかりません
 

                    イワベンケイ (上)小太郎尾根
                      イワベンケイ(下)間ノ岳の稜線と思う上から下のように色ずくのかな

 
 

                    ナデシコ
 

                    ミネウスユキソウ(エーデルワイス)
 

                    ミネウスユキソウの群生
 

                    タカネツネクサ
 

                    タカネツネクサ&チシマギキョウ
 

                   八本歯コルに行く途中に咲いていましたが、 わかりません 
 
                                                  >おわり<
 
 
 
 
タグ :

北岳に咲いてたお花 【PATⅠ】<2010.8.4~5>

 2010-08-12
ネットで花の名前調べましたが同じような花が多く
 
間違いがあれば指摘してください。
 
 
 
 

                    なにか良くわからない、写真もイマイチ 
 

                    わかりません 
 

                    タカネヤハズハハコ
 

                   シモツケソウ
 

                    ベニテングダケ(毒性が有るが内臓に自信が有る人は食べるらしい、ホンマカイナ) 
 

                   クガイソウ
これまでの花、キノコは2000mmまでに咲いていました
 
これからは2000~3100mmまでの花です。
 

                    ハクサンフロウ
 

                    ウサギギク
 

                    ヨツバシオガマ
 

                    ミヤマダイコンソウ
 

                    ハクサンイチゲ
 

                    わからない 
 

                    チングルマ
 

                    アオノツガイザクラ  (ボケボケ
 

                    トウヤクリンドウ
 
              PATⅡへ続く
 
 
 
 
 
タグ :

山小屋の食事  <2010.8.4~5>

 2010-08-11
 
山小屋の部屋と食事を独断と偏見で書きますが
 
あくまでも個人の感想です。  【南アルプス。白根御池小屋:北岳山荘】
 
 

最近新築している部屋、食堂、ローカすべて綺麗、特にトイレは水洗で
 
飲料水は飲み放題。
 
 


           
 
気の香りがする部屋だが、これが8畳らしいこの布団も掛け布団も綺麗だがごく普通のシングルです
 
4枚づつ2列で部屋一杯、部屋の大きさ(300×360)だから見て分かるように身長150センチの人で
 
ちょうど自分の布団から足がでない
 
ほぼ全員前の布団に足を出さなくては寝れない、1枚に2人はまあそんなものだが、せめて布団が敷けるくらい
 
ほしい、ちなみに枕ははみ出している所を折って枕にする、合理的といえば合理的かな。
 
 

夕食これは美味しかった、北アルプスに比べイマイチと言われていたが、
 
ごはん、スープ、おかわり自由 ただ圧力釜の調子が悪かったのか飯にしんがあったが、
 
朝食はよかった。
 

             朝食
 
 
 

北岳山荘ここは山小屋らしく風むきによりトイレとその消毒の独特のにおいがする小屋だが
 
今トイレなど工事中で来シーズンはバイオになるのかな、ここは水は貴重で受付時に水1リッターの水券をくれ
 
る、この水は明日の朝の顔洗い用でも飲料水でも個人の判断、相方は洗顔に使ったようだが自分は
 
飲料水に顔など洗っても洗わなくても同じだ、歯磨きも当然歯磨き粉など使えないので、カラ磨きの
 
時少しだけ使う、別に必要なら1リッター100円で売ってくれるので困らないが、
 
要は無駄に水を使うなと言うこと、この小屋も当然1枚に2人(同じ団体がこの小屋に泊まっていた)
 
小屋は古いが布団は敷ける長さがある、足をのばして寝れる、
 
4時ごろ従業員(バイト)が来て全部屋均等に宿泊客を振り分け2枚に3人になる、これまで色々な小屋に
 
泊まったが初めてだ、少しのきずかいで全員気分よく寝れる、この小屋の最高によかった所だ
 
トイレのにおいなどどうでも良い、食事もそこそこで良い、すこしの気遣いそれが一番。
 
 

           受付
 

             普通に枕をおける
 

             部屋に置けない、ザック、靴(レジ袋の様な袋に入れる) ローカです。

             じゅうぶん通れるローカ
 

            夕食 ふつうに美味しかったが、魚のにじるがほかに全部ついていた、おかわり自由
 
 

             朝食美味しかった
      全体的良い小屋と思った。
 
 

南アルプス市営芦安駐車場(第二)からバス亭と白峰会館
 
駐車場は第一~第八まである、その他に臨時が四か所あるから心配いらない。
 
白峰会館で温泉に入った、予定より早く下山できたので小屋で作ってもたった弁当を持ち
 
会館の食堂で訳を話弁当を食べて良いか尋ねると気持ちよくOKをもらい食べようと弁当を開けていると
 
なんと食堂のおねえさんが味噌汁をサービスですと持ってきた、
 
食堂になにも注文してないのになんと疲れていたら座敷でやすんで行ったらとも、感激
 
おねえさん私ら2人の横で山小屋の弁当(1100円)を見せてほしいと、3人で何があるこれが有ると
 
おかずの品定めをする、高いわねえと言うから今日も朝小屋から若い屈強な男性が走るように
 
下山して荷物を一杯背負い登って来た事をはなしあの重たそうな荷物であすこを登るのかと思ったこと
 
等考え高くはないですよと話した。
 
帰りにこの店でお土産を買ったのは言うまでもない、有難う御座いました、おねえさん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ :

葛城山のナンバンキセル  【2010.8.10】

 2010-08-10
 
葛城山にナンバンキセルを見に水越峠からスタート、天狗谷から登る。
 

 

 

             前から気になっていたが、この標識おかしくないですか?
      葛城山(登り)40分1.7Km  青崩(下り)50分1.7Km  どう考えても同じ距離なら
      下りが早いと思うが?誰か教えてください 単なる間違いですかね~
 
 

             ワイヤーで運搬していました。
 
 

             上の方は雲に隠れていましたが金剛山が綺麗にみえました、ここからの金剛山一番好きです。
 
 

             タイマーで撮りました、モザイクを入れなくていいように後ろ向きも撮りましたが、
       後もモザイクが要るようです、後のモザイクはシャレになりません前の薄いのは分かっていましたが
       後のさみしいのは今日初めて気がつきました。
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パラグライダーの飛行場が2ヶ所あります、左は西側(大阪) 右は東側(奈良)東側は最近出来たのですかね
 
 
 

 
 
 

               フシグロセンノー
 
 

               もうアカンと最後の力を出している ヤマユリ
 
 

               オトギリソウ
 
 

                ナデシコ
 
 

                ツリガネニンジン
 
 

                 アザミ
 
 

               アザミに綺麗な蝶がとまっている何蝶かな~
 
 

               タンポポ
 

                ダイコンソウ
 
 

               ヒメジオン
 
 

               ナンバンキセルの蕾
 

             ナンバンキセル うっかりして正面から撮りました横からだとキセルに似てるのに
 
葛城山はもう秋の風が吹いていました、下山はダイトレからです
最後の滝はもう分かりますね。

久しぶりに葛城山へ登ったが、お花がいっぱいあり
 
あらためて良い山だとおもいました、今週また登ります今度は横から撮りますナンバンキセル。
タグ :

北岳:間ノ岳 PAT3

 2010-08-09
 
PAT2は
です
 
3日目 は北岳へ登るようにしていくと、右手に八本歯のコルへ向かうトラバース道があるので、それを伝う。
 
やがて八本歯のコルに着く。
 
大樺沢の下りとなる。狭い沢の急な道を木につかまりながら下りていく。沢が少し開けると、雪渓の上部に出る
 
雪渓の上を左岸まで歩くが、慎重に行けばアイゼンなしでいける。
 
沢の幅が広くなると二俣である。沢水が増えると白根御池小屋分岐、ここから同じ道を戻り、
 
バス亭へと向かう。乗り逢いタクシーにて芦安駐車場にもどりる、駐車場前の観光センターで温泉にはいり
 
3日ぶんの汗をながす。(かけ流しの良い温泉だ)
 
次の目的地神奈川、湘南へとむかう。
 

             北岳山荘前からの富士山
 

             下山中ふりかえり北岳山荘から中白根かな
 
 

 

              北岳パットレス
 
 

 

 

 

 

 

 

             吊り橋を渡って右へいけば広河原バス亭
 
今年は花が多く咲いていた、花と山小屋は後日にします
花の名前がなかなかわからないので、調べてから、邪魔くさくなったらそのままアップします。
 
 
 
まるっきり関係ないが7~8日に湘南へ行きました。
 

 
 
 
 
 
タグ :

北岳:間ノ岳 PAT2

 2010-08-09
 
1日目は 
です
 
2日目 白根御池小屋で4時30分に朝食をとり、5時すぎにスタート
 
草スベリの草原状の急斜面を登る。コース沿いは高山植物の宝庫、今年は特に多いとのこと
 
そうとう厳しい登りの直登、大樺沢右俣からの道と会い、ハイマツが現れると、小太郎尾根へ出る。
 
展望のよい尾根道を行くと、標高3000mに建つ北岳肩ノ小屋につく、ここで小休止
 
その先は、ずっと岩場の道が続き、南アルプスの大展望を楽しみながらの登り。
 
富士山、鳳凰三山、八ヶ岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒、北アルプス、中央アルプス、と全部見え最高の天気だ
 
北岳を後に後にして北岳山荘へ向かう。急坂の岩稜を下り、吊尾根の分岐を見送り、幾つかの岩稜を巻きなが
 
ら縦走路を下ると、北岳山荘へ着く。
 
受付で手続きをすまし、小屋へザックを置き(行動食、水、貴重品をナップサックに入れ)空身で
 
間ノ岳へピストン、予定では明日の朝ピストンし下山の予定が、小屋に11時に着いたので行くことにした
 
相方は相当疲れている様だがOKとのこと。
 
休憩をとりながら約4時間で小屋に帰る(3時)今日は休憩をはさみ10時間の登山。
 
 

             甲斐駒ヶ岳だと思うあまり多く撮ったので、わからなくなった間違いだったら誰か教えて
 
 

             中央アルプス?と思うが
 

             これは北アルプス、間違いなし左から穂高連峰、槍ヶ岳  右の方は後立山?
 

             これを越えて、肩の小屋だったかな?
 

             富士山
 

                   肩の小屋
 

 

 

             三角点に白根岳とある、山梨のひとは太郎岳と言ってた名前が3つあるのかな?
 

 

             北岳山荘
 

             中白根山の途中かな、マーキングが新しく蛍光塗料で消えかかっている上に着いている
       このマークが有るので迷わない、金剛山のマークはいらないが、
       この山で(岩場)では無いと歩けない。
 
 
          
           中白根山、 このマークも絶対必要、昼から雲の中で景色が見えない
 

             間ノ岳への稜線、雪渓もある
 

 

             雲の間から、西農取岳がすこし見える
 

             私手を挙げなにか行っている、何をいってるのかな
 

             北岳山荘
                                        つづく。
     
タグ :

北岳:間ノ岳 嫁と2人でゆったり登山(PAT1)

 2010-08-08
 
富士山につぎ標高2位の北岳、4位の間ノ岳 登山2泊3日  2010-8-4~6
 
西名阪、近畿、名神、中央、中部と高速を乗り継ぎ470Km約6時間で南アルプス市営芦安駐車場に
 
朝方着き、乗り逢いタクシー(1100円でバスより100円だけ高いが荷物等便利)で
 
登山口の広河原(マイカー乗り入れ禁止)まで約1時間
 
広河原のセンターで朝飯を食べ登山届を出しスタート、
 
野呂川に架かる吊橋を渡ると広河原山荘で、その横から登りはじめる。しばらく登ると白根御池小屋分岐
 
樹林帯の中のかなりの急坂道、急登が終わると道がトラバースし、開けた場所にで、急に
 
白根御池小屋(2230m)が現れる、今日はここで泊まる、
 
1日目は登山口から2~3時間の所に泊まるよう心がける
 
2日めからの為に、今日は3時間30分で小屋に着いた、受付で手続きをすると、今日は団体さんが50人泊まるの
 
で、布団1枚に2人ですと言う(今回休日をはずしウイークデーにしたのは小屋で布団1枚に1人ほしかったが
 
もろくも崩れる)すぐに良い方に切り替え1枚に3人よりましだと思う
 
小屋の中、食事、など写真に撮っているので、後日アップします
 
2日目~は明日アップします。
 
 

             広河原インフォメーションセンター
 
 

                   野呂川のつり橋前で相方と
 
 

                   だれか置いている登山靴も苔だらけ
 
 

              正面の山が北岳
 
 

 
 

写真では良くわからないが、3時間おもいきり急坂です
 

             小屋の前から鳳凰三山(オベリスク)
 

 
 

             白根御池小屋、朝からの晴天が嘘のような霧、夜大雨
 
                           つかれたのでつづきは明日にします。
タグ :

恩智越:信貴山朝護孫子寺コース

 2010-08-02
 
参考 近鉄てくてくまっぷ
 
近鉄恩智駅~恩智神社~信貴山朝護孫子~信貴山下駅 【 約9Km】 標準コース
 
このハイキングコース電車ですが、車で行くので
 
信貴山のどか村の駐車場に置く
 
ここを起点にハイキング    近鉄恩智駅まで下り、登り返すがこの道ブト(ちいさな虫)が異常に多く
 
ジャイアンツ応援スタイル(タオルを振り回す)が通用しないほど前が見えないほど、近所の人ですかね
 
皆ネットを被っていました。
 
 

昨日8月1日 お祭りだったようでかたずけをしていた
 
 

恩智神社本殿
 

 
 

 
 

 
 

信貴山のどか村(農業公園)車はここに駐車している
 

信貴山朝護孫子寺
 

はりこの虎の向こうに本殿
 

世界一福虎 (あまり欧米ではりこの虎など聞いた事がない、中国も?)
 

信貴山朝護孫子は毘沙門天王が日本で最初に御出現になった霊地で、毘沙門天王の
総本山です。
聖徳太子は当山で毘沙門天王を御感得になり
自ら天王の尊像を彫刻されておまつりになり、信ずべき貴ぶべき山として
信貴山と寺院を建立されたそうです。
 
 

信貴山下駅から少し登ったところに何とか高校前バス停から登るが
のどか村からかなり遠いですよ
 

ケーブルカー廃線跡のハイキングコース約1Km真っすぐの登り
木のトンネルずーと上まで見え最高です
 


             途中3ヶ所 置き傘があり急な雨用ですかね、
この道を登りながら宮崎駿のアニメに出てきそうだと思いました
 
 

ケーブルカーのレール
 
 

信貴山上のバス停にでます、普通に歩くと9Kmコース全部往復歩き18Km歩きました
車は登山口までは便利だが、縦走にはあまり良くないかな。
 
 
4日の早朝、北岳に行って来ます最初の予定では奈良田に車を置きバスで広河原へ行き
北岳、間ノ岳、農取岳を縦走して奈良田に下山予定でしたが
奈良田までの国道が通行止め(9月位復旧)のため
南アルプス市営芦安駐車場へ向かいます、ポピュラーなコースで北岳、間ノ岳で
下山します、どうしても土日1000円高速にこだわり
下山後、神奈川県に寄り(以前よりの用事あり)
8日(日曜)に大阪に帰ってきます。
 
 
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫