高尾山の水仙と明神山 2017.1.17

 2017-01-17
朝起きるのが遅くなり予定の山は中止。
近場の里山二座巡りになった、まず高尾山の水仙の様子を見てきたが
水仙は今が盛りと咲き誇っていた。
水仙の開花は時期が長いので2月初旬か中旬まで楽しめそうだ。
水仙を堪能したので、高尾山頂上に登り、大阪平野~遠く淡路島まで見渡せる絶景に
感動(勿論明石海峡大橋も見えた)。
次の明神山は奈良側の起点にある無料駐車場この駐車場は近くにあるスーパーが管理している
入口に明神山専用駐車場とスーパーヤオヒコの看板がある。
明神山頂上までは全部舗装道路だ、そのためこのハイキング道で会う人は普通の服装で
お散歩で山頂まで歩いているようだ。
いつも歩いている国分&関屋からのハイキング道は、それなりの服装でザックを背負っている人が
ほとんどで、山頂を挟み対照的なハイキング道で面白い。
明神山山頂からも明石海峡大橋が良く見えた。
里山歩きも中々いいものだ。きょうも大満足の手抜きハイキングだった(足抜きかなぁ)。

高尾山の水仙と明神山 2017.1.17 の続きを読む

カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明神山(金剛山地) 2016.11.30

 2016-12-01
朝起きるのが遅くなり裏山徘徊になった。
明神山ピストンは二上山とほぼ同じくらいの距離が有る。
緩いがアップダウンのある稜線歩きは気持ちがいい。

IMGP4413.jpg

明神山(金剛山地) 2016.11.30 の続きを読む

カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

裏山徘徊  2016/9/14

 2016-09-14
天候不順で遠い山行が中止になったので
近くの山に行ってきた(超近場)。
家から歩いて行ける王寺町の明神山だ。
雨が降っているが、ここなら雨で濡れても心配ないので
雨具や傘は持たず、初めから濡れて歩き始める。

裏山徘徊  2016/9/14 の続きを読む

カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高尾山 (かしわら水仙郷) 2016.1.5

 2016-01-09
正月は仕事、昨年もそうだった、カレンダーを見ると来年も同じようだ。
今日は台高の山に行くつもりだったが、寝過ごして里山歩きに変更した。
寝過ごしたと言うより「山<寝る」雪が有れば逆だが・・・
今年は異常に暖かい、行きたい山も雪がないので中々気合が入らない。
週末からの寒波に期待しよう。

日本一登山者の多い東京の高尾山と同じ山名の我が街の高尾山。
この時期は水仙が咲いているので人も多く、10人位のハイカーと会った。

今日は嫁も一緒に来た、八ヶ岳以来の山歩きだ。
彼女は畑が一番、山はどうでもいいようだ。

高尾山 (かしわら水仙郷) 2016.1.5 の続きを読む

カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高尾山の水仙   2015.1.23

 2015-01-23
予定の山は天気がイマイチなので中止した。天気予報は土日は行楽日和と言っているが
生憎、仕事で山には行けない。来週後半に変更したが・・・天気は良いのか悪いのか?。
今日は超近場の高尾山の水仙を見に行こうと相方を誘った。
相方は朝が苦手なのか早朝出発の時はほとんど誘いに乗らないが今日は昼からなので
ホイホイとついてきた。
繹比古繹比賣神社の先にある公衆トイレの前がハイキング道(高尾山創造の森)だ。
入り口で市役所の方とNPO法人まちづくりプロジェクトの三宅さんと四人で登った。
市役所の方とNPO法人の方は2月15日(日)に予定している「かしわら水仙郷ウオーク」
下見(水仙の咲き具合)らしい。
水仙はほぼ7分咲きだ、今年は少し早いようだ。

水仙郷でお二人と別れ山頂に向かった。今日の山頂は微妙に霞んで明石海峡は見えるが
大橋は見えない・・・そんな感じだ。


繹比古繹比賣神社
IMG_2210-1.jpg

IMG_2213-1.jpg

IMG_2214-1.jpg


かしわら水仙郷
IMG_2273-1.jpg

IMG_2271-1.jpg

IMG_2276-1.jpg

IMG_2278-1.jpg

IMG_2279-1.jpg


高尾山 頂上
IMG_2244-1.jpg

IMG_2245-1.jpg

IMG_2250-1.jpg


阿倍野ハルカス
IMG_2252-1.jpg


大和川と石川(柏原市役所前)
IMG_2254-1.jpg

IMG_2256-1.jpg

IMG_2259-1.jpg

IMG_2263-1.jpg

IMG_2267-1.jpg
カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫