御嶽+小金ヶ岳と白髪岳(丹波篠山)2011.11.27

 2011-11-27
御嶽は丹波山地の西部、兵庫県多紀郡篠山町の北部に位置する。
多紀連山は最高峰の御嶽を中心にし、東の小金ヶ岳、西の西ヶ嶽などの山々が、東西20Kmにおよぶ屏風のような山並みを形づくっている。起状の激しい峰々は険しい岩場となっており、別名「多紀アルプス」の名で親しまれている。

白髪岳は多紀郡丹南町の南西に位置し、別名「丹波富士」とも呼ばれている。山頂付近に登山者を魅了する岩尾根を持ち、展望も良く、南に北摂や六甲の山並み、東側は篠山盆地から多紀連山が一望できる。

      関西100名山 山と渓谷社大阪支局編より




御嶽と小金ヶ岳の中間にある駐車場(おおたわ)に車を停め、小金ヶ岳をピストンし、御嶽へ登り駐車地に帰り
車で約30分移動し、3番目の山、白髪岳へ登って来ました。

御嶽と白髪岳は、関西100名山です、遠すぎて中々この辺りの山は行けないので、欲張り2山+1山の山行です。



おおたわ駐車地~御嶽と小金ヶ岳
小金ヶ岳 登り始めは植林の薄暗い中を登り、自然林になると傾斜が増し登りつめると少し下る、これは前山だ
前山を下ると、いよいよ小金ヶ岳の岩の尾根だ。中々面白い登山道だ欲を言うともう少し天気が良ければ景色も
綺麗だったのに・・・
CIMG5043.jpg

岩尾根の登山道の先が小金ヶ岳
CIMG5044.jpg

CIMG5049.jpg

小金ヶ岳 頂上 ユニークな山頂板だ
CIMG5050.jpg
少し靄って展望はイマイチ
この方角に、鬼退治で有名な「大江山」があるが特定できず、この山も関西100名山でまだ未踏だが
綺麗な山で眺望満点で日本海も望める京都府(丹後)の山だ、その内行くつもりだが・・・
CIMG5052.jpg

CIMG5059.jpg

駐車地「おおたわ」に帰って来た、登り始めは薄暗く写真は撮らなかったので、暗い中よくやるな~と思いながら登った。早い時間から登らないと3山登れないので
CIMG5062.jpg

御嶽
登り始めは、大峰を歩いているような気がした
CIMG5066.jpg
途中、天まで届きそうな階段があり、その後岩の尾根で山頂に至る
CIMG5068.jpg


山頂 名板は小金ヶ岳と同じだ。
CIMG5072.jpg
下山は火打ち岩が見たくて少し遠回りになるが南尾根を下り麓の村まで下り、おおたわの駐車地まで車道を登り返した、これが今日1番キツかった。
CIMG5073.jpg

CIMG5076.jpg

CIMG5079.jpg

結局、火打ち岩は特定できず、おおたわまで帰って来た。
この時点で駐車場は満車20~30台くらい停まって、これから登る人が多数いてた、私は次の山へ車を走らす
CIMG5086.jpg

GPS 軌跡 小金ヶ岳~御嶽 ピストンなら楽な登山だが・・・
みだけ7



住吉登山口~白髪岳
住山登山口 車は集落の路肩に停めた クロカンなら登山口まで登れる5~6台駐車可
集落から登山口までは、かなり広い栗畑だ、流石に丹波栗の本場だ
CIMG5087.jpg

CIMG5088.jpg

CIMG5090.jpg
この山も岩尾根で面白い歩きができた
CIMG5095.jpg

CIMG5098.jpg

CIMG5099.jpg

CIMG5100.jpg

白髪岳 山頂 丁度大阪からバスで来たツアー登山者20人位が下山して誰もいない
CIMG5102.jpg

CIMG5103.jpg

下山道 
CIMG5104.jpg

CIMG5105.jpg

CIMG5107.jpg

CIMG5110.jpg

GPS 軌跡 白髪岳 
しらが7


3山共に面白い山だった、関西100名山では無いが「小金ヶ岳」も他の2山に勝るとも劣らず

チョット遠いが又お気に入りの山が増えた。。





タグ :

鷲峰山 金胎寺:行場巡り2011.11.25

 2011-11-25
京都府宇治田原町と和束町にまたがる南山城最高峰で、役行者が開いたといわれる山岳宗教の霊山。

鷲峰山(じゅぶさん)は山頂付近一帯が真言宗醍醐派の金胎寺(こんたいじ)の境内となっている。
開基は役の行者と伝えられ、奈良の大峰に対し「北大峰」と称される。

山内には現在も奇岩怪石が連なる行場がある。
らしい。

と言う訳で今日は鷲峰山金胎寺に行ってきました。行場は約4Km2時間で周回出来るので登山口は出来るだけ
遠くと思い探していると
「祈りの道鷲峰山金胎寺登山道~歴史と自然の南山城最高峰へ」宇治田原町産業復興課。があった。
これはJR宇治駅からスタートの約6時間のコースだ、私は途中の大道神社からのスタート。
ちなみに南山城最高峰と言っても682mです。
行場巡りだけなら金胎寺のすぐ下まで林道が通っているので(路肩に駐車可)2時間くらいで回れます。


大道神社から鷲峰山までの祈りの道は大失敗何の見どころも無い普通の林道?だったので往復ともに写真は無い

金胎寺



金胎寺山門に入らず先に山頂へ行く
CIMG4987.jpg


金胎寺多宝塔
CIMG4988.jpg


鷲峰山頂上の石造宝篋印塔(琵琶湖も一望できるが、今日はかろうじて肉眼でみえただけ)
CIMG4989.jpg

金胎寺で300円の入山料を納め行場巡りスタート
CIMG4997.jpg

迎え行者
CIMG4998.jpg

東覗
CIMG5000.jpg

西覗
CIMG5004.jpg

CIMG5008.jpg

ペンキを塗ってるのと違うと思うが??
CIMG5010.jpg

CIMG5012.jpg

胎内潜
CIMG5013.jpg

千手の滝
CIMG5016.jpg

五光の滝
CIMG5018.jpg

護摩壇
CIMG5020.jpg

鐘掛 鎖場
CIMG5024.jpg

大鐘掛 ここの鎖は取り払って上にあった
CIMG5029.jpg

蟻の戸渡り
CIMG5031.jpg


駐車地の大道神社
CIMG5034.jpg

宇治なので、茶畑も(大道神社、正面の山)
CIMG5038.jpg

登山道は見る物無だったが、金胎寺行者巡りはスリルがあり楽しく面白く回れた。
すこし前行った 三重県の伊勢山上も同じ様な行場巡りだったが、甲乙つけがたい どちらも中々のものだった。
タグ :

剣尾山(北摂)2011.10.16

 2011-10-16
今日は剣尾山に行って来ました。

阪神高速11号線で池田まで行き、能勢街道を走り10時30分ごろ(いこいの広場能勢の里)駐車場(600円)に停める。

登山口に行ってみると林道の路肩に沢山の車が停めていた 京都、神戸ナンバーが多かったのは
剣尾山は大阪と京都の境にあり、兵庫県からも近い。

人気の山なのか登山者が多かった。


登山口→行者山→剣尾山→横尾山→21世紀の森→林道→登山口

CIMG4400.jpg

沿道には巨石が散在する 
CIMG4404.jpg

行者山山腹の磨崔仏
CIMG4407.jpg

面白そうなので行ってみた
CIMG4408.jpg

無理そうなので潜らず、上へ回った
CIMG4410.jpg

CIMG4415.jpg
岩の上からみる里
CIMG4417.jpg

行者山 469m(山嶺は修験行場になっている)
CIMG4418.jpg

CIMG4421.jpg

ここで立ち止まり、来る人全員にあの岩まで行く道を聞くが誰もが行けないと・・・
CIMG4422.jpg

六地蔵
CIMG4425.jpg

CIMG4427.jpg

CIMG4429.jpg

剣尾山頂上、784m 頂上は岩が累々として、その岩の上で昼飯
CIMG4430.jpg

展望は最高だが 霞んで良く見えないが愛宕山は何とか見える
CIMG4433.jpg

CIMG4435.jpg

山頂から鞍部に下り、横尾山への登り返し
CIMG4439.jpg

摂津、丹波の国境
CIMG4444.jpg

横尾山 785m 林の中で展望無し
CIMG4447.jpg

下山も岩が多く楽しませてくれる
CIMG4452.jpg

CIMG4453.jpg

この沢を渡れば林道に登山口まであと少し
CIMG4459.jpg

登山口まで帰って来たら、若者のグループがマットを担いでフリークライミングのため登って行った
クライミング用の岩はいくらでもある、ロープを使う様な高い所は少ないが
CIMG4462.jpg

能勢温泉キャンプ場の前を通り駐車地へ
CIMG4463.jpg

能勢温泉、お客さんの車で温泉の駐車場は満杯。この下が公営駐車場
CIMG4465.jpg

GPS 軌跡
剣尾山

けんびさん
タグ :

京都清滝~愛宕三山 (2011.2.23)

 2011-02-23
 
嵐山から北西へ約15分で清滝トンネル
トンネルを通り有料駐車場へ車を停め(今日は平日なので半額の500円)
 
 
 

ケーブルカー廃線跡から登ります


 
1個目のトンネル

 
2個目のトンネル

3個目は崩壊で通れない、右からの巻き道で超える
 
4個目のトンネルも問題ないが
5個目のトンネルは崩壊しているので、これも右から巻くが此処は凄い急坂だ

 
5個目のトンネル上の巻き道

 
6個目のトンネル

 
この辺りから残雪

 

 
ケーブルカー駅跡

 
駅内部

 
正面

 
駅から上へ登るとホテルかレストラン跡が

 
登って行くと表参道に合流する

 
黒門

 
愛宕神社

 

山頂(神社内)


 
愛宕山 三角点への道

 

三角点


 
竜ヶ岳へ

 

竜ヶ岳山頂


 
地蔵山への道

 

 
反射板 ここで昼飯タイム

 
山頂へ

 

地蔵山山頂 一等三角点もかろうじて頭を出している


 
月輪寺経由で下山

 
月輪寺

 
空也滝

朝8時に駐車地をスタートし
 
下山は午後3時たっぷり歩きました
 
帰りは国道1号線~170号線たっぷり時間がかかりました(笑)
高速とあまり時間的に変わらないと思っていましたが
考えが甘かった
 
 
 
タグ :

山ガールと一緒にポンポン山~ (2011.2.6)

 2011-02-06
 
大阪と京都の境にある、ポンポン山へ約一年振りに行って来ました
 
外環状線を高槻に向かい走るが、遠い、1時間30分かかり駐車地の本山寺の駐車場に到着したのは
 
9時すぎ、登山靴に履き替え9時10分スタート
 
 
 
本山寺 駐車場から東海自然道を10分位、アスファルトの参道を歩き地道のハイキング道になる

 
東海自然道をポンポン山へ向かい登って行くと、大杉??やったかなぁ

 
この辺りから、なごり雪が…

 
ポンポン山、山頂で5分ほど休憩し周りの山を見るが霞んで見えないので、釈迦岳へ向かう

 
杉谷の方へ

 
 
此処から凍った雪が解けかかっているが、道の端を歩くので問題ない

 
ここで東海自然道から大阪環状自然歩道で釈迦岳へ

 
釈迦岳 山頂 展望無、三角点の写真を撮り、大沢へ下る

 

 
大沢の集落への下りで山の斜面に??何かの(桜の様だった、パイプの上から見た)苗かな?

 
途中の林道に大量のシイタケの原木があった

 
シイタケの販売店もあり、この集落の名物の様だ、なにか燃やしているが、この煙で、のどかさが分かる
自宅の家庭菜園で草刈りをし乾かして燃やしだしたら、消防車がサイレンを鳴らして10分もせずに来たが
この集落はおおらかでいいな~

 
早尾神社

 
ゴルフ場、コースの一部が見える、楽しそうにプレーしている(何かカッコイイと思うが?)

 
向かう先は天下分け目の【天王山】の予定だったが…

この道路、京都に入り激下りになった、もう少しで天王山のはずだ京都市街地も近くに見える
このまま下ると、登り返しがキツイな~、12時前だし  この辺でユーターンするか
車は本山寺だから、天王山へ行っても帰りの登り返しを考えると此処までで良いか
まず昼飯を食べよう、丁度近くにテーブル状の岩があったので、その上に腰掛て食べた
 
 
ポンポン山への登り返しの道 登り返しはキツイ

ポンポン山、今日2度目の山頂、朝より少しだけ回りの山が見える、来月行く予定の【愛宕山】

 
山頂の看板に書いているように、ポンポンと足音がひびかないことは、言うまでもない。

 
【天王山】すぐ近くなのに、次はもっとスタートを早くするか

二度目の山頂で20~30分休憩し下山する、いつもの様にトップスピードで下って、次々と下山者を追い抜いて行くが、すぐ後ろに同じスピードで下って来る、若い女性がいる
 
この標識の所で、どちらを下っても神峰山寺へ行ける分岐で何処から来た?と聞くと右の道からとの事
私も右から来たので、違う道を行くがどうすると聞くと、一緒の道へ行くと言う

歩きながら色々山の話を聞くと、外国以外は色々な山へ行っている
先週は愛宕山、先々週は三峰山、来週は高見山へ行こうと思うが樹氷はどうか?
一昨日高見山へ行ったが、全然駄目だと教えるともう一度寒波が来るのかな~来たら良いのに
何処から来たのと聞くと、寝屋川から本山寺の駐車場まで、自転車で来たと、本山寺は国道から
相当登った所だ、私は車だからいいが、ここまで自転車でそれも普通に街で見かけるスポーツタイプの自転車で、マウンテンバイクは時々見かけるが、普通の自転車で先ほどの歩きもなっとく、相当な健脚だ
 
ブログの話もし写真も顔だしOK,名前もフルネームで聞いた
 
この女性ザックはサイクリング用の小さなザックだが
健脚の山ガール   リナちゃん  本山寺前で

 
下山は楽しかった、ポンポン山です、また何処かの山で会えるかも
寝屋川まで自転車で2時間近くかかると思うが無事帰ったかなぁ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫