雪彦山 クサリ場コースで地蔵岳へ2012.11.8

 2012-11-08
私の場合ほとんど単独で山へ行くので、登山届を口頭で相方にする。
相方曰く帰って来なくても探しには行かないが警察に何処へ行ったか分からないでは、まずいので何処の山へ行くと言うようにと。
今回は姫路の雪彦山に行くと伝えると、雪彦山なら私も行くと言う。
相方が私も行くと言うのはアルプスか金剛山くらいなのでビックリした。アルプスと金剛山の共通点は家を出る時間は遅くて良い。それと賑やかだ。いつも私の行く山は一日山の中を歩いていても誰とも合わない寂しい山なので
相方は一緒に行っても面白くないと参加しない。
今日の雪彦山も平日は登山者は少ない山なのに??。朝早く行くで・・・人も少ないで・・標高は低いが岩山でクサリ場やでと言うと、知ってるの一言。
そんなこんなで久しぶりの相方と二人での山登りだった。

朝早く登山口に着いたが、思ってた通り駐車場には一台も停まっていない。
この山は登山口からの急登だ、息を切らしながら登って行くと展望岩に着くここからの眺めも良い、小休止して岩の割れ目を通る、相方が通れるか心配していたが難なく通れた、此処から出雲岩までは比較的緩やかな登りになる。出雲岩は大普賢の何とか??に似ている巨岩だ、そんなこんなで
巨岩の出雲岩が現れる、かぶさってくるような岩の下を通りすぎると、いよいよ岩場の登りだ何か所かのクサリ場を登ると大天井岳(通称雪彦山)に飛び出す。
ここからの展望も良いが向こうに見える山名がわからない情けなさ。

山頂で少し休憩して下山にかかるが、今日の目的はこれからの下りのクサリ場と地蔵岳の登り、昼飯は地蔵岳と決めてきた。昨年は大天井岳~雪彦山三角点~鉾立山~峰山分岐~駐車地と周回した。その時の記事
クサリ場も地蔵岳の岩登りも想像通り素晴らしく面白かった。
駐車地に帰ると、ほぼ満車状態だった。皆さんゆっくり出発したようだ、誰とも逢わなかった。
車のナンバーは大阪、堺、泉、神戸・・・中々人気の山だ。
紅葉も思いのほか綺麗で満足な山登りだった。相方も来てよかったと・・・岩登りが好きか??。





今回は天狗岩から地蔵岳~虹滝~出会い のクサリ場コース。昨年は距離の長い雪彦三角点~鉾立山~周回コース
楽しさは断然今回のクサリ場コースです。

雪彦山地図

登山口はこの上を左へ
CIMG7618.jpg

綺麗な階段は見えている所だけ、その上は崩壊した岩がゴロゴロ
CIMG7530.jpg

CIMG7532.jpg

展望岩
CIMG7535.jpg

展望岩から大天井岳
CIMG7538.jpg

行者堂跡
CIMG7539.jpg

出雲岩 大普賢のそれと同じようだが、ここはクライミングの何て言うのか?岩に打ち付けていた(複数個所)
おおいかぶさる様な岩をどうして登るのかな~
CIMG7544.jpg

最初のクサリ場(ここはクサリなしで登れる)
CIMG7548.jpg

セリ岩 後で通る、その前にみはらし岩で休憩
CIMG7550.jpg

みはらし岩から
CIMG7554.jpg

セリ岩を通る相方
CIMG7556.jpg

CIMG7557.jpg

CIMG7562.jpg


大天井岳(通称雪彦山)雪彦山の三角点はもう少し上にある
CIMG7564.jpg

CIMG7575.jpg

天狗岩の分岐 ここをクサリ場コース 地蔵岳へ
CIMG7577.jpg

地蔵岳 あの上で昼飯の予定
CIMG7580.jpg

地蔵岳への下りは長いクサリとロープ
CIMG7582.jpg

CIMG7584.jpg

CIMG7585.jpg


地蔵岳へ
CIMG7588.jpg

登る時写真を撮る余裕なし 地蔵岳 山頂 展望最高で紅葉も綺麗
予定通り昼飯タイム
CIMG7591.jpg

この下8枚は地蔵岳山頂から
CIMG7592.jpg

CIMG7593.jpg

CIMG7594.jpg

CIMG7595.jpg

CIMG7596.jpg

CIMG7597.jpg

CIMG7598.jpg

CIMG7600.jpg

地蔵岳のコル 右が地蔵岳
CIMG7603.jpg

CIMG7604.jpg

少し下った所からの地蔵岳
CIMG7606.jpg

まだまだ続くクサリ場やロープ
CIMG7607.jpg

CIMG7610.jpg

CIMG7611.jpg

CIMG7614.jpg

鋼製格子枠砂防ダムまで下った後は林道を歩けば駐車地だ
CIMG7615.jpg

駐車地に帰ると駐車場はほぼ満車だ、大阪、堺、和泉、神戸などナンバーも賑やかで人気のほどがわかる。
だが早く登りすぎて登山口から下山まで誰一人として逢わず、もうチョイ遅く登れば良いのだが
こう見えて私怖がりで、どこの山に登っても2時遅くとも3時には車に戻れるよう逆算して登る。
もしアクシデントがあっても明るいうちに・・・夜は怖いので・・・
今日は距離が短く計算間違いで地蔵岳の昼飯は10時チョイ過ぎ、駐車地に戻ったのは12時・・・。

山の中を歩く時間より往復の運転の方がはるかに長い、山行でしたが。最高に面白かった。。
タグ :

高御位山【東播磨丘陵地】2012.7.18

 2012-07-18
高御位山は姫路市の西部と高砂市の北部またがって広がる東播磨丘陵地にある。

高御位山から鷹ノ巣山にかけては「播磨アルプス」と名付けられ、険しい岩尾根が続くので
終始展望が楽しめる縦走が期待できる。と、ガイドブックに書いてある。

何年も前から行きたい山だったが、大阪から遠いのと、此処まで来るのなら「雪彦山」か少し足をのばし
「氷ノ山」と、高御位山は中々登れなかった、この山 標高304mだ、これがせめて1000mあれば
もっと早く行けたと思う。山は標高だけでは無いと思うが。

期待を裏切らない、面白い山だった。天気が良すぎて暑いのには参った、熱中症状態で歩いた。

この山は冬登るのがベストだと思う。間違っても真夏は・・・。



展望台
CIMG6398.jpg


百閒岩と思うが?
CIMG6400.jpg


鷹ノ巣山
CIMG6404.jpg


岩尾根の縦走(距離は短い、もうチョイ長いと良いのだが)
CIMG6405.jpg

CIMG6406.jpg


瀬戸内海も綺麗に見える、左の上の方にあるのは島(ハゲヤマ)
CIMG6410.jpg


馬の背
CIMG6411.jpg


後半分位か?前方に高御位山
CIMG6413.jpg


縦走道に唯一咲いていた花【キキョウ】
CIMG6415.jpg


この岩を登ればもうすぐ山頂
CIMG6418.jpg

CIMG6419.jpg



山頂  暑い・・・
CIMG6420.jpg

CIMG6422.jpg

CIMG6423.jpg

CIMG6424.jpg


岩の裏と言うか表かにあった神社
CIMG6427.jpg

CIMG6431.jpg

CIMG6434.jpg
日に焼けて真っ赤になって帰って来ました。2~3日後には真っ黒になるだろう。


相方は夏の遠征の訓練だと言って、今日も16人で車4台を連ね、台高に行った。
16日は6人で金剛山から紀見峠までの縦走。

夏遠征の夜行バスの予約も取っていた、最近色々な山の会の友人からの誘いが多い、おっさんがイマイチあてにならないから(笑)。

今回は私もかなり慎重になっている。ヘルニアって痛いですね~・・・もうあの痛さは御免だ。
未だに迷っています。遠征行こうか行くまいか??




GPS 軌跡
高御位山

たかみくら高度
タグ :

雪彦山と七種山(播州高原)2011.4.25

 2011-04-25
雪彦山の下山時間が早かったので、この近くにある七種山へ登りました


登山口山門前にあった標識 よしこれでいこう
IMG_2432.jpg
古びた山門 この横から登る
IMG_2389.jpg

滝見台から七種滝 最高に綺麗
IMG_2397.jpg

IMG_2399.jpg

IMG_2403.jpg

IMG_2405.jpg

IMG_2410.jpg

IMG_2411.jpg

IMG_2412.jpg

かなりの急坂だ
IMG_2415.jpg

稜線 縦走コースになっている
IMG_2418.jpg

IMG_2419.jpg

七種山からの稜線
IMG_2420.jpg

山頂
IMG_2421.jpg

下山もかなりの急坂
IMG_2423.jpg

七種滝 素晴らしい
IMG_2426.jpg

IMG_2429.jpg

最後の虹ヶ滝 もうすこし下れば駐車地
IMG_2431.jpg






GPS 軌跡
ななしゅ






タグ :

雪彦山(播州高原)2011.4.25

 2011-04-25
兵庫県夢前町の雪彦山を登ってきました

【雪彦山登山ルート:左回り 出雲岩コース】

登山口(出雲岩コース)→展望岩→出雲岩→大天井岳(通称雪彦山)→天狗岩→雪彦山三角点→

            鉾立山→峰山分岐(下山)→虹滝→大曲→出会→雪彦ダム→登山口


登山口
IMG_2304.jpg

IMG_2306.jpg

展望岩から大天井岳
IMG_2315.jpg

IMG_2317.jpg

出雲岩
IMG_2323.jpg

IMG_2325.jpg

IMG_2326.jpg

IMG_2330.jpg

IMG_2332.jpg

IMG_2335.jpg

IMG_2342.jpg

山頂
IMG_2344.jpg

IMG_2347.jpg

IMG_2348.jpg

IMG_2354.jpg

三角点
IMG_2356.jpg

鉾立山山頂
IMG_2357.jpg
鉾立山から 晴れていれば大山まで見えるという
IMG_2359.jpg

下山道の沢
IMG_2366.jpg

ナメ滝
IMG_2367.jpg

IMG_2372.jpg

IMG_2373.jpg

虹滝
IMG_2377.jpg

IMG_2380.jpg

虹滝からの天狗岳
IMG_2384.jpg

IMG_2388.jpg
下山が早いので 福崎町の七種山へ向かう  【雪彦山と七種山】へ続く
GPS 軌跡
せっぴこ




タグ :

久しぶりの六甲は おまかせコース (2011.2.27)

 2011-02-27
 
心配していた天気も完ぺきな快晴で最高でした
 
阪急芦屋川駅を9時にスタート
 
高座ノ滝

 
地獄谷

 

 

 

 
吹雪岩

 
横池

 
初めての休憩

 
ゴルフ場を通り 山頂  昼飯を食べる

 
あまり良く見えないが神戸の海

 
白石滝へ下る この道は結構スリルのある谷下りだった

 
まだ谷の水が凍っていた

 
やたら高い堤防(砂防壁?)をいくつも超えるが このような階段が付いていない所が多い

 

 
怖い所は写真どころでなかった(笑)

 
白竜滝

 
白石滝?

 

 

 
ここからまた登り七曲り滝へ

 
七曲り滝の一つ手前の滝 墓滝?

 
来シーズンの下見 少しだけ凍っている所もあるが大半は解けていたが、迫力のある滝だった

 
此処へ下りてきた

有馬温泉まで行き、バスで宝塚へそれから阪急で梅田~JR大和路線で自宅へ
 
阪急から乗り換えのためJR大阪駅 途中の風景 都会に行くと高いビルが珍しい田舎者です(笑)

 
以前六甲山に登ったのは完全に忘れていたが
現場へ行くと全部覚えていた、ここは歩いた事があると、ほぼ完ぺきに思いだした
 
月一位行きたい山になりました、面白い もう少し近ければ尚いいのだが。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫