御在所岳・国見岳周回 2018.4.19

 2018-04-20
国見尾根 天狗岩の上に立ったった。

aaaakkk.jpg


御在所岳・国見岳周回 2018.4.19 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

鎌ヶ岳 (鈴鹿山系)2018. 4. 8

 2018-04-09
IMG_6055kama.jpg
鎌ヶ岳  今日の天気はほとんど晴れていたが、我々夫婦が山頂に滞在の間だけ
なぜか吹雪いていた、この時期なので大した雪ではないが。



もう十年以上前に参加した事のあるダイトレチャレンジ登山に久しぶりに
参加する予定だったが、直前になって歩く自信が、、、前日には中級の金剛山までも
無理かなぁと超弱気になり今回もパスと相成りました(涙)
初級ゴールの葛城山までの階段地獄で膝を痛めたこともあるし、、、
そんなこんなで鈴鹿の鎌ヶ岳に登ることにした。
鎌ヶ岳は鈴鹿の中で一番多く登っている山だ。
名阪国道亀山インターから306号線を走っていると鈴鹿の山並みが見えるが
どの山も雪を被って真っ白だ、もちろん鎌ヶ岳も砂糖を被ったように綺麗だ。
鈴鹿スカイライン御在所岳登山口前の無料駐車場に着いたのが
7時45分、運良く最後の一台に滑り込む。
今日は長石谷からイワザクラやイワウチワなどを探し山頂に登り、
下山は長石尾根でミツバツツジとアカヤシオを楽しみながら周回する予定だ。

鎌ヶ岳 (鈴鹿山系)2018. 4. 8 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

藤原岳(表登山道~孫田尾根)2018.3.26

 2018-03-27
IMGP5300fu.jpg


藤原岳に福寿草を見に行って来た。
花に特別興味はないが毎年この時期に登っているので
この山に行く事にした。
大貝戸の登山者用無料パーキングに車を停めて歩き始める。
登りは定番の大貝戸道(表登山道)下りはこれまたこの時期定番の
みんな大好き孫田尾根だ。昨年は孫田尾根~表登山道の今年と逆を歩いたが
今回は頭蛇ヶ原~木和田尾周回か孫田尾根周回か藤原岳山頂で決める予定で
登ったのでどちらでもOKの大貝戸にした。
無料駐車場から快晴で汗ばむような中、福寿草や
見た目どこが違うか分からない小さな花々を見ながら最後は電車に乗って
西藤原の駐車地まで周回した。気温が高く少し霞んでいたので、遠くの景色は
イマイチだったが、今日も大満足の山歩きができた。

藤原岳(表登山道~孫田尾根)2018.3.26 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

霊仙山(鈴鹿山系) 2018.3.14

 2018-03-15
IMG_5972ry.jpg
霊仙山 最高点から避難小屋とすっかり雪の少なくなった伊吹山



昨年の3月19日から1年ぶりの霊仙山に行って来た。
大好きな山で、昨年の12月15日には多賀大社まで来て雪の多さに
ビビり、予定変更で綿向山に行った、その次はこの前3月2日も同じく
多賀大社まで来て御池岳に登った、この時は6~70%霊仙山、3~40%御池岳の
気持ちで家を出たが、御池岳になった。
そんなこんなで雪もすっかり無くなった霊仙山、、、
先週なら雪も有ったのに8日の休みが雨、雪の西南尾根を歩きたかったなぁ。
今日は相方が用事で不参加のため一人だ。
今畑の登山口の路肩に車を停めて反時計回りの周回で歩き始める。
少し登った所にある廃村の福寿草は朝早いので花弁は蕾だ、蕾が足の踏み場に困るほど
群生していた。時計回りなら福寿草も咲き誇っていたのは分かっていたが、
近江展望台までの急坂を登りに使うか、下りにするか?悩ましいが今日は登りに使った。
予想通りヨレヨレで展望台に到着。雪のない西南尾根はゴツゴツの岩で歩きにくい
尾根に雪が有れば快適だが今は腐れ雪が所々あるだけだ、踏み抜きが怖いので
雪を避けながら時々トラバースで夏道を歩いたり、、、そんなこんなで最高点で昼休憩
広い霊仙山には誰も居ない、休憩後山頂に行き、山頂から引き返さず、そのまま次の
ピークから直接お猿岩に向かってショートカットで下った。
最後は谷沿いに歩き登山口の今畑に戻った。
雪は無かったが開放的な霊仙山を堪能して今日も大満足の山歩きが出来た。

霊仙山(鈴鹿山系) 2018.3.14 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

御池岳(鈴鹿山系) 2018.3.2

 2018-03-04
IMG_5800oi.jpg

306号大君ヶ畑の通行止めゲート前に車を停めて歩き始める。
大嫌いな急登を喘ぎながらヨレヨレで鞍掛峠~鈴北岳の稜線に飛び出した。
ここまでは強風で物凄く寒かった、稜線に出てからは景色に癒され寒さも忘れた。
鈴北岳から御池山頂に向かう途中、初めての登山者の男性とすれ違う。
そんなこんなで山頂に到着すると、風を避けて斜面に座り食事中の男性を発見。
会話の出来る距離に座り我々夫婦も質素な食事をした。
男性は岐阜県から来たらしい、三重県側の木和田尾から登って来たが誰とも会わなかった
と言っていた。岐阜、福井の山の事を色々聞いて凄く参考になった。
休憩後男性と分かれボタンブチに行こうと相方を誘うが、早く帰ろうと却下
来た道を引き返した、午前中の曇天も下山時には青空も見えて来た。
壁の様な急坂をヨタヨタと下り無事登山口に帰って来た。
天気は微妙だったが静かな御池岳を歩き綺麗な景色を堪能した。
今日も大満足な山歩きが出来たわけで、、、。


御池岳(鈴鹿山系) 2018.3.2 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫