明神平 2018.2.19

 2018-02-20

IMG_5696.jpg

天気もイマイチで霧氷もないが、風が無く暖かいかんじの明神平


明神平 2018.2.19 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

氷瀑と氷柱と青空と 2018.2.7

 2018-02-08
IMG_5642kiya.jpg


今週は久しぶりに山登りを休んだ。
その代わりに、氷瀑と氷柱を見物に行って来た。
寒波の為、ここ数年では一番凍っていた気がする?。
氷瀑、氷柱と距離は短いが二か所歩いたが天気が良く寒さはなかった。
この青空なら山に行けば良かったかなぁと若干の後悔も、、、。
そんなこんなの氷の芸術巡りも無事終わった。
山の方が良かったような気もするが、、、気のせいか?。

氷瀑と氷柱と青空と 2018.2.7 の続きを読む

カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰 2018.1.31

 2018-02-01
IMG_5561hino.jpg

相方が友達に明神山に連れて行ってと頼まれたので
今日は単独で行く事になった。
行先はどこでも良かったが、静かな登山道が良いので
いつものマナコ谷から桧塚奥峰に行って来た。
今日は林道も雪で何時もの落石も雪でコーティングされ思いのほか
走りやすく雨量観測所前に到着、もちろん他の車は無い。
通行止のチェーンを跨ぎ歩き始める、チェーンから先も
自己責任で通れるようだが雪で隠れているが林道は昨年の台風以来、
かなり酷い状態だ。




桧塚奥峰 2018.1.31 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

金剛山 2018.1.26

 2018-01-27
IMG_5428_2018012709594703a.jpg

今日は三重県の山に行くつもりでSさんに道路情報など教えて頂いて
準備万端だったが想定以上の寒波で標高700mの登山口に
辿り着けるか?自信がなくなり予定変更して近場で安心な、
みんな大好き金剛山に行って来た。
行く前は水越峠も雪でスリップしたら、引き返し二上山に登ろうと思っていたが
意外にも道路状態は普通のドライ、心配しすぎたかなぁ何しろ運転に自信がないので(涙)


金剛山 2018.1.26 の続きを読む

カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明神山・高尾山  2018.1.20

 2018-01-21
明神山

少し遠くの少し雪のある山に行く予定がここ最近の気温の上昇により
雪も融けて、少し残った雪も腐れ雪で面白くないだろうと勝手に思ったわけで、、、
今回は家から歩いて行ける裏山、明神山に行ってきた。
何時ものピストンは味気ないので、去年柏原市の広報に掲載されていた、
JR大和路線堅上駅から大和川を渡ってすぐの所から取り付く山道から
明神山に登り、帰りはいつもの尾根道を歩いての周回だった。
尾根道は案外好きなハイキング道だが、
堅上からの道は次は無いだろうっていうか絶対歩かないだろう。


ガーミンベースキャンプ GPS ログ(尾根道で2か所寄り道をしているのは鉄塔巡りだ)
ガーミン明神山


明神山・高尾山  2018.1.20 の続きを読む

カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高見山 2018.1.14

 2018-01-15

超満員の高見山(山頂東斜面)
IMG_5327_20180115092903e0f.jpg

今日は相方が用事で一人で行く事になった。
薄暗い時から登り初めた、山と言うより谷だ。
勿論休日なのに誰一人登ってない。面白くないのでボツにする。
そんなこんなで下山後、まだ早いので高見山に行く事にした。
大峠の駐車地に車を停めて車内でパンとコーヒーの昼飯を済ませて登り始める。
それでなくても鈍足なのに、初めの山の疲れで、、、。
山頂は超満員、足の踏み場もない状態だ高見山の山頂は狭いので仕方ないが、
適当に写真を撮り東斜面を下り、お気に入りの岩の上で休憩し青空を待つが
晴れそうにないので大峠の駐車地に戻った。
期待を裏切らない流石の高見山、風も無く青空はなかったが眺望も良く
高見山に登って良かったと思ったわけで、、、今日も最後は大満足の山歩きができた。

高見山 2018.1.14 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

武奈ヶ岳  2018.1.7

 2018-01-08

IMG_5193bun.jpg

買ってから6年だが数えるほどしか使ってないスノーシューは押し入れの中だ、
このスノーシューを履いて御池岳に行った時から腰痛に悩まされるようになったので
たぶん、その後持って行くのを止めたと記憶している。
雪の深い山はもっぱらラッセル泥棒でしのいできたが
何時までも他力本願は如何なものかと思うわけで、、、
ワカンなら少し軽いので持っていけるかなぁと思いネットで買った。
ザックに装着して見たが、スノーシューに比べ随分軽いようだ。
今回の山行に持って行くことにした。
今日は防村から御殿山経由、西南稜、ピストンの冬の定番コースだ。






武奈ヶ岳  2018.1.7 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

金剛山  2018. 1. 3.

 2018-01-03

10時のライブカメラに写るためのハイカー
IMG_5039.jpg


2018年最初の山は金剛山だ。
大阪側から登るのは約8年ぶりだ、今は駐車場をケチって水越オンリーだ
大阪側からの登山道はほぼほぼ登りつくしたと思っていたが
ロープウエイの真下の登山道(香楠荘尾根?)は未踏だ、8年前から有ったのかなぁ
自分が知らなかっただけか分からないが??。
府営駐車場到着と同時に雪が、喜んで歩き始めるがすぐ止んだ。


金剛山  2018. 1. 3. の続きを読む

カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高見山 2017.12.27

 2017-12-28
IMG_4964-27.jpg


今日はと言うより今日も高見山に行ってきた。
いつも同じ様な山に登っているが特にこの時期ごく限られた山域になる。
春になるまでは、高見山か桧塚か鈴鹿など登り易い山になるが、それはそれで
楽しいものだ。
今日の高見山は素晴らしい霧氷で期待を裏切らない絶景だった。
青空はほとんどなく曇天で寒い山頂を後に小峠経由で駐車地の大峠に戻った。
大峠からのミニ周回がお気に入りになった、距離が短いのが最高だ。

高見山 2017.12.27 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰・ヒキウス平 2017.12.21

 2017-12-21

IMGP5166hi.jpg


この2~3年、幾度となく登って新鮮味に欠ける山行が多い。
これは遠征も含めてだ、以前は初めて登る山のワクワク感が大好きで
次は何処に行こうと探し回っていたものだが今は考えるのが邪魔臭い。
原因は老化現象に違いない、歳はとりたくないですねぇ。
そんなこんなで今日もつい最近登った桧塚奥峰に行ってきた。
この前は大又から明神平経由の奥峰だったので、せめて登山口でも
変えてみようと言うわけで、マナコ谷から、、、ここも何時も登る所だが(汗)
登山口にはほぼ雪は無いが、途中から雪道になる。
杉林を抜けると主稜線までは何時も強風の支尾根だが今日はガスで
真っ白だ、桧塚奥峰に到着するがガスガスで何もみえない。
晴れを待つには寒すぎるので久しぶりにヒキウス平に向かう、
思惑通りヒキウス平に着くと待望の青空、霧氷も途端に綺麗に見える。
最近相方と歩くのが多いが、今日は単独だたまには単独も良いものだ。
今日は登りはじめから下山まで誰とも会わなかった。
独り占めの霧氷と青空で今日も大満足な山歩きができた。

桧塚奥峰・ヒキウス平 2017.12.21 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

綿向山 (鈴鹿) 2017.12.15

 2017-12-15
綿向山 付近

IMG_4670.jpg


今日は大好きな鈴鹿の霊仙山に行く予定だったが
予想外の雪のため多賀大社付近まで行ったが
県道17号手前でUターンした、国道沿いも雪で今畑登山口まで自分の
車では無理だと思ったわけで、、、。
どこに行くか迷ったが一度登った事の有る綿向山に行く事にした。
多賀から約1時間で綿向山登山口駐車地に到着。
駐車地はタイヤが埋まるほどでモタモタしていたら先行者の方がスコップを
持って来て、雪を少し均してくれたので何とか無事駐車出来た。
親切な方と連れの女性と自分と相方の4人で歩き始める、
5合目の避難小屋で小休止するが、この小屋にも先行者のご夫婦が、
たぶん、この方はヤマレコで顔出ししている三重の方だと思ったが?。
自分は山頂の霧氷が暖かさで溶けるかも?と思い休憩もソコソコに歩き始めた。
そんなこんなで山頂に到着、天気がいいので手袋なしで問題ない暖かさだった。
雪の上にシートを敷き昼食休憩、休憩の終わったころ小屋で休憩していた
先ほどの2グループ4人が山頂到着、皆さん青空と雪と霧氷に大感激。
勿論自分も綿向山に登って良かったと思ったわけで。

綿向山 (鈴鹿) 2017.12.15 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明神平・桧塚奥峰 2017.12.7

 2017-12-08
明神平

DSC_2240m.jpg




マナコ谷登山口から登る桧塚奥峰が最近のパターンだが
今日は久しぶりに明神平経由で登る事にした。
明神平は今年の4月4日「薊岳」以来だ。この時は自分が馬鹿で
散々な目にあったので何時かリベンジをと思っている訳で、、、
大又の駐車地からコンクリートの林道を登るのだが、この林道は
傾斜が急で、急登嫌いの自分には初めから試練の登りになる。
登山口に到着の時は既にヨレヨレがいつものパターンだ。
この日も勿論ヨレヨレで登山口に辿り着く。
登山口を過ぎればごく普通の登山道を登って行くと明神平に飛び出す。
霧氷は小振りだったが明神平の霧氷は他と一味違う素晴らしさだ。
東屋で小休止して奥峰に向かう、天気は快晴無風(霧氷には良くないが)
ポカポカの登山道を歩き奥峰到着、ここで昼飯休憩。
折り返し明神平に帰って来ると、地面の雪も霧氷はほぼ無くなっていた。

明神平・桧塚奥峰 2017.12.7 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

星のブランコ  2017.12.4

 2017-12-04

 星のブランコ(展望台から)
DSC_2119.jpg

星のブランコの紅葉の写真が新聞に載っていた(11月30日)。
紅葉が見頃とか書いていたが、この前の大台ヶ原もテレビでは今が見頃と言うので
出かけたら落葉だった、その2~3日後の同じ番組で大台の紅葉は今が見頃と、、、
そんなこんなでイマイチ信用していなかったが、ヤマレコのクライマーで料理人?の
「はる」さんが星のブランコの紅葉はほぼほぼ終わりだがちょこッと見れるような
事を書いていたので、車で1時間と微妙な距離だが行く事にした。
紅葉は終わりだが遠目には綺麗に見えたので行って良かったと思ったわけで・・・
帰り道にある「おじいさんの古時計」でコーヒーでも飲んで帰るかと
相方と話していたが、帰りが早すぎて開店時間まで待てずそのまま帰って来た。

星のブランコ  2017.12.4 の続きを読む

カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

八ヶ岳 (唐沢鉱泉-東天狗岳-西天狗岳 周回) 2017.12.1-2

 2017-12-03
下山中 第二展望台からの西天狗岳

IMG_4549t.jpg


北八の天狗岳に行ってきた。
朝大阪を出て昼前に諏訪湖PAで早めの昼食を食べて
登山口の唐沢鉱泉の無料駐車場到着。
心配していた登山口まで林道は雪も無く順調だった。
ただ駐車地付近はスケートリンク状態、滑りまくって何とか駐車した。
勿論登山口からアイゼン装着。
登山道は、ほぼゴロゴロの岩がある道だが雪のため案外歩き易かった。
金剛山なら水越から山頂までと同じかチョイ長い程度で黒百合ヒュッテに到着。
少し休憩のあと中山にに行こうと出かけるが、稜線は強風と強烈な寒さ、
見晴台まで行くが即撤退。
次の日も快晴、東天狗岳から西天狗岳と回り、昼前に唐沢鉱泉に戻って
温泉に入り6時30分大阪に戻った。
2日間とも天気が良く、山頂からは南、中央、北と全アルプスも綺麗に見えて
大満足の山歩きが出来た。

八ヶ岳 (唐沢鉱泉-東天狗岳-西天狗岳 周回) 2017.12.1-2 の続きを読む

カテゴリ :八ヶ岳・中央アルプス トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高見山 2017.11.25

 2017-11-26
ここからの高見山が一番好きだ(山頂の北西側)

DSC_2039.jpg


まだ紅葉の季節と思っていたら、いつの間にか霧氷の便りが、、、
我々も霧氷を見に行こうとなった。
行先は高見山、近くで手軽に登れてこの時期霧氷が見れる山と言えば高見山?。
登山口は勿論、山頂に限りなく近い登山口、大峠だ。
山頂の霧氷だが、この時期にしては大満足の霧氷が咲いていた。
(霧氷は咲くとは言わないと思うが)
7時30分に山頂に着くが朝早いので誰もいない
8時過ぎまで山頂付近を歩き回り霧氷を楽しみ下山した。
ピストンでは味気ないので、小峠経由のミニ周回で駐車地に戻った
途中、温泉から登って来た単独の女性と出会ったが、霧氷が綺麗で朝早く登って
良かったと喜んでいた。その後男性一人とすれ違っただけで、静かな高見山だった。
9時に駐車地に戻ると車が3台になっていた。
機会が有れば桃俣から例の間違えて下りた登山口から登りたいが
歳と共に体が楽な方楽な方となびいていく、、、困ったものだ。
そんなこんなの高見山、今日も大満足の山歩きができた。



高見山 2017.11.25 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

釈迦ヶ岳 (大峰) 2017.11.13

 2017-11-14
DSC_1914.jpg




今年の遠征は休みと雨が重なり予定の日に決行できた山行は皆無だった。
こんなにフラストレーションが溜まる年は初めてだ。
そんな今年最後の遠征も想定外の雪で泣く泣く諦めた。
11月中旬の雪は晴れになれば溶けるので、軽アイゼンとストックで
楽々登れる予定だった、4~5日前までの情報では、、、
行く前の日に山小屋(夏季営業中)に電話して今の状況を聞いた。
今、吹雪だ雪も例年に比べ多く、既に登山道は冬道だ、登ってくるなら
完全な冬装備で来てください、何??軽アイゼン、、、無理です。
北アルプスを舐めていました、潔く諦めました。

そんなこんなで気晴らしに景色を眺めながらの山歩きと言う事で、
鈴鹿の竜ヶ岳か大峰の釈迦ヶ岳と迷ったが最終的に釈迦ヶ岳に決めた。
青空の中、景色を眺めながら山頂に着いてコーヒーを飲んで休憩して
孔雀岳に向かったが、相方が山頂手前で疲れたので帰ろうと言う、
もうチョイの所で引き返した。
帰りに登り返した釈迦山頂は大勢の人で賑わっていた。
話によれば前日は冷え込み、霧氷で綺麗だったそうだ。
霧氷は無いがポカポカ陽気の、ひだまりハイクで大満足の釈迦ヶ岳だった。

釈迦ヶ岳 (大峰) 2017.11.13 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫